国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

その他 
セミナー/シンポジウム情報

サーチプロジェクトvol.5「ニュー"コロニー / アイランド 2" ~災害にまつわる所作と対話~]

2016年3月11日 (金) から 2016年6月26日 (日)

サーチプロジェクトとは、テーマに基づいた子どもから大人までを対象としたアートや知の可能性を探求(=search)する企画として、2011年より毎年開催している展覧会です。「ニュー"コロニー/アイランド"2」では、惑星・地球に位置する日本列島そのものに着目し、"災害にまつわる所作と対話"をテーマに展覧会を開催します。東日本大震災から5年目を迎える今年、改めて地球の営みとも言える地震による地殻変動などの「災害」について考え、様々な視点から「対話」を試みる展覧会を開催します。

※月曜休館(但し、3/21開館、3/22休館)・入場無料

 

アドバイザー

佐伯和人(惑星地質学・鉱物研究者、大阪大学大学院理学研究科 准教授)、川島秀一(民俗学者、東北大学災害科学国際研究所 教授)

 

出 展

加藤翼(アーティスト)、小山田徹(美術家)、contact Gonzo(アーティスト)、3がつ11にちをわすれないためにセンター/せんだいメディアテーク、志賀理江子(写真家)、しりあがり寿(漫画家)、ジョルジュ・ルース「廃墟から光へ」(Ufer! Art Documentary)、対話工房、高嶺格(現代美術家、演出家)、中之島まちみらい協議会、ホンマタカシ(写真家) 他
※2/13時点、更新中。最新情報はウェブサイトをご覧ください。

 

主 催

アートエリアB1

 

支 援

JST(科学技術振興機構)科学技術コミュニケーション推進事業「ネットワーク形成型」

 

共 催

大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)稲盛財団寄附講座

 

協 力

3がつ11にちをわすれないためにセンター/せんだいメディアテーク、Ufer! Art Documentary、千島土地株式会社

 

空間設計・施工

dot architects

 

アートエリアB1とは?

京阪電車中之島線建設中の2006年から、企業・大学・NPO法人が協同して、都市空間における駅の可能性を模索する「中之島コミュニケーションカフェ」を実施。これを継承して2008年10月19日の開業を機に、なにわ橋駅の地下1階コンコースに「アートエリアB1」を開設しています。ここでは様々なプログラムを実施し「文化・芸術・知の創造と交流の場」を目指しています。

http://artarea-b1.jp/

日時: 2016年3月11日 (金) から 2016年6月26日 (日)
主催: アートエリアB1(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪電気鉄道(株))
場所: アートエリアB1(京阪電車中之島線・なにわ橋駅地下1階コンコース)
参加登録: 不要
URL: http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/2016/001071.php
連絡先: 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
zenkyo-insoumu@office.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ