国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

科学・技術 
セミナー/シンポジウム情報

大阪大学中之島サイエンスカフェ「老化の原因だけじゃない。治療に役立つ活性酸素のはたらきとは」

2015年11月4日 (水) 19:00 から 20:30

酸素(02)は、より反応性の高い化合物「活性酸素」に変化すると、人体の老化など色々な現象を引き起こすことで知られていますが、体に光を当てて“悪いところ”だけを治療する光線力学療法(Photodynamic therapy, PDT)においては、活性酸素が“悪いところ”を消去することが分かってきました。今回は、患部ではたらく活性酸素を検出する物質の開発に取り組んでいる大阪大学の金さんが、軽度の皮膚炎の施術から、がん、動脈硬化、成人病、ペットの治療に至るまで幅広い医療現場で行われているPDTの最新の研究動向と、患部ではたらく活性酸素を検出するための物質の開発に関する研究成果を紹介します。

 

○ゲスト:金 水縁(きむ すよん)/大阪大学産業科学研究所 特任助教

2010年韓国漢陽大学校工学部卒業。学部の時、副専攻で栄養学を勉強したことをきっかけに、化学者として人々の生活の質を向上できる研究がしたいと思い、日本に留学。2015年大阪大学工学研究科応用化学専攻博士課程修了(工学博士)。現在、光化学を基盤としたがん治療法とバイオセンサー物質について研究。

 

○進行役:川人よし恵/大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室 URA

日時: 2015年11月4日 (水) 19:00 から 20:30
主催: 大阪大学 大型教育研究プロジェクト支援室、アートエリアB1【大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪電気鉄道(株)】
場所: アートエリアB1(京阪電車中之島線「なにわ橋駅」地下1階コンコース)
参加登録: 不要
連絡先: 大阪大学 大型教育研究プロジェクト支援室
kawahito@lserp.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ