国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

文化・芸術  [国際会議]
セミナー/シンポジウム情報

文学部比較文学専修主催 国際シンポジウム 「日タイ交流史研究の新地平 大鳥圭介の『暹羅紀行』(1875)から広がる140年」

2015年9月4日 (金) 12:30 から 17:40

日タイ交流史研究の新地平
大鳥圭介の『暹羅紀行』(1875)から広がる140年

日 時 : 2015年9月4日(金) 12:30~17:40
場 所 : タイ国バンコク チュラーロンコーン大学文学部 ボロムラチャクマリー・ビル(BRKビル)401/18号室
主 催 : ・チュラーロンコーン大学文学部東洋言語学科日本語講座 ・大阪大学文学部比較文学専修
協 賛 : 大阪大学ASEANセンター

内容

適塾で学び、明治日本初の公的使節としてタイを訪問した大鳥圭介の『暹羅紀行』刊行140年周年を記念し、大鳥の足跡をたどるとともに、山田長政伝説や日泰文化会館など、そこから広がった日タイ交流史を論じる。

開会の辞
12:30-12:40
ドゥアンテム・クリスダーターノン(Duantem Krisdathanont)(チュラーロンコーン大学)

 

 

第一部
12:40-14:50

大鳥圭介の『暹羅紀行』を140年後のバンコクで読む

・橋本順光(大阪大学) 大鳥圭介の『暹羅紀行』と1875年
・平松秀樹(大阪大学) 『暹羅紀行』に見るバンコクと宮廷-ウィチャイチャーン親王内紛から英国介入へ-
・合山林太郎(大阪大学) 江戸時代における長政伝説の成立と大鳥圭介
・合山林太郎・熊田友里(大阪大学) 大鳥圭介『暹羅紀行』翻刻プロジェクト経過報告

ディスカッサント
・ドゥアンテム・クリスダーターノン
・ナムティップ・メータセート(Namthip Methasate)(チュラーロンコーン大学)
・村上忠良(大阪大学)

14:50-15:10 休憩

 

 

第二部
15:10-17:30

大鳥圭介の『暹羅紀行』(1875)から広がる新地平

・酒井健太郎(昭和音楽大学) 日泰文化会館の成立
・岩井茂樹(大阪大学) 柳澤健と日泰文化会館の戦後
・久保田裕子(福岡教育大学) 〈戦後文学〉はタイをどのように描いてきたか
・ナムティップ・メータセート タイにおける山田長政伝説の受容と展開 ポップカルチャーを中心に

ディスカッサント
・ドゥアンテム・クリスダーターノン
・ナムティップ・メータセート
・村上忠良

閉会の辞
17:30-17:40
望月太郎(大阪大学)

※2015年9月5日 大鳥圭介の足跡を中心に訪ねるスタディ・ツアー(9月4日に申込可能)

日時: 2015年9月4日 (金) 12:30 から 17:40
主催: ・チュラーロンコーン大学文学部東洋言語学科日本語講座・大阪大学文学部比較文学専修
後援: 協賛:大阪大学ASEANセンター
場所: タイ国バンコク, チュラーロンコーン大学文学部, ボロムラチャクマリー・ビル(BRKビル)401/18号室
参加登録: 不要
連絡先: 大阪大学文学部比較文学専修
hsmt@let.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ