国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

文化・芸術 
セミナー/シンポジウム情報

第5回大阪音楽大学・大阪大学ジョイント企画 レクチャーコンサート「奏でる物理学」

2013年11月30日 (土) 14:00 から 15:30

豊中市にある大阪大学と大阪音楽大学。「地域に生き世界に伸びる」をモットーとする総合大学と、「時代を革新する音楽文化の担い手」を志す芸術系単科大学が、それそれの持ち味をいかし、地域の文化振興に貢献できないだろうか。そんな思いから始まったジョイント企画です。 第5 回は、大阪音楽大学ミレニアムホールでの開催。大阪大学からは菊池誠教授が講義とテルミンの演奏で、大阪音楽大学からは片岡リサ講師が箏の演奏で出演します。

レクチャーコンサート「奏でる物理学」

あらゆる楽器は物理の原理にしたがって音を出しています。第一部では、むずかしい講義をしようというわけではありません、空気を震わせ、音楽となって人の心を揺らせる「音」とはそもそもなになのかを、物理学の視点から、楽しく、わかりやすく、レクチャーします。

テルミンという電子楽器をご存知ですか? 名前を耳にしたことのある方はおられるかもしれませんね。では、ライブで演奏を聴いたことのある人は? …これはほとんどおられないのではないでしょうか。電磁気学の原理でできたテルミンは、小さな箱から2 本のアンテナが出ただけの、鍵盤も弦もない、およそ楽器とは思えない形をしています。また、楽器に触れずに演奏するので、演奏者はまるで空間をあやつり魔法を使って音を紡いでいるかのよう。

第二部では、そんな不思議なテルミンと日本の伝統楽器「箏」が競演します。箏は一般に「こと」と呼ばれています。優雅で繊細、時にはダイナミックな響きで聴く者を魅了する邦楽の華ともいえる箏の音色と、近未来から来たようなテルミン(実際はエレキギターやハモンドオルガンより歴史は古いのです!)の、素敵なミスマッチをお楽しみください。

第一部:講演「奏でる物理学」

講師/菊池誠(大阪大学サイバーメディアセンター・教授)

第二部:電子楽器テルミンと箏の競演

出演/児嶋佐織(テルミン)、菊池誠(ギター、テルミン)、片岡 リサ(箏/大阪音楽大学講師)

 

■日時 / 2013年11月30日(土)14:00~15:30(13:30開場)
■開場 / 大阪音楽大学ミレニアムホール
■定員 / 300名(入場無料・要事前申込)
■申込方法

下記URLの申込フォームに、お名前・ふりがな・お住まいの市町村・年代・メールアドレスを入力してください。

http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/events/2013/handai-ondai

※申込受付後、受付番号を返信します。当日、受付番号をご提示ください。この受付番号は席番や入場順ではありませんのでご注意ください。当日はご来場順で入場いただきます。

※未就学のお子さまの来場はご遠慮ください。

■お問い合わせ先
大阪大学21世紀懐徳堂 阪大音大ジョイント企画係

〒650-0022 豊中市待兼山町1-13 大阪大学会館

TEL 06-6850-6443

handai-ondai@21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp

日時: 2013年11月30日 (土) 14:00 から 15:30
主催: 大阪大学21世紀懐徳堂、大阪音楽大学、豊中市
場所: 大阪音楽大学ミレニアムホール
参加登録: 必要(Web)
URL: http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/events/2013/handai-ondai
連絡先: 大阪大学21世紀懐徳堂 阪大音大ジョイント企画係
handai-ondai@21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ