国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

文化・芸術 
セミナー/シンポジウム情報

【申込受付終了】UNLIMITED: 科学の新たな地平をひらく - vol.1 「声を語る/言語を聴く ヴォイスパフォーマーと言語学者の対話」

2013年11月23日 (土) 14:00 から 16:00

※参加申込人数が定員に達しましたので、申込受付を終了しました。
 多数のお申込ありがとうございました。

 

巻上公一(歌手)×金水 敏(言語学者、大阪大学大学院文学研究科教授)

伝説的バンド「ヒカシュー」のリーダー/ヴォーカルとして、また喉歌‟ホーメイ”や口琴の紹介者・指導者としてユニークな活動を繰り広げているアーティスト・巻上公一と、日本語の歴史を研究するかたわら、キャラクターを映し出す言語“役割語”を提唱する言語学者・金水敏が、人間の声の持つ可能性、言語とアートの関わりについて語り合います。人間の声を言語的意味から解放することはどこまで可能なのか? “宇宙人語”とは何か? 声は人間の何を映し出すのか? 奇しくも同い年ながら、まったく異なる人生を歩んできた二人の、声・言語・アート・コミュニケーションを巡るたった一度のトークセッション。巻上公一氏によるヴォイスパフォーマンスのワークショップあり!

チラシはこちらからダウンロードできます。


●日時=2013年11月23日(土) 14:00~16:00(受付13:30)

●会場=大阪大学会館1階 大阪大学21世紀懐徳堂スタジオ (大阪大学豊中キャンパス内/豊中市待兼山町1-13)

●参加費=無料(定員80名・要事前申込)

●申込方法=メールまたはFAXにてお申込みください。メール件名もしくはFAX送信用紙に「UNLIMITED」と記載の上、①参加希望の対談名(vol.1とvol.2、両方参加も可)、②ご本人のお名前(フリガナ)、③年齢、④ご住所(郵便番号から)、⑤電話番号またはメールアドレスをお知らせください。入場票(ハガキ)を郵送しますので、当日入場時にご提出ください。両方の対談に参加される方へは各対談ごとに入場票を郵送します。

●申込期間=2013年10月3日(木)~11月19日(火)17:00まで

◎各対談につき定員80名に達し次第、締切とさせていただきます。◎未就学児童はご入場いただけません。

●申込先= Email.<kagaku@21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp>  Fax.06-6850-6449

●主催・問合せ=大阪大学21世紀懐徳堂 Tel.06-6850-6443

 

出演者プロフィール=巻上公一 Koichi Makigami (歌手)

makigami_51956年熱海市生まれ。超歌唱家、即興演奏家、プロデューサー、作詞家、作曲家。非言語的声帯術を駆使し、歌手に留まらないヴォイスパフォーマーとして国際的に高い評価を得ている。異なる2つの音声を同時に発するトゥバ共和国やモンゴル国などの伝統的な歌唱法ホーメイの研究者・歌手としても知られている。1979年、「20世紀の終りに」でレコード・デビュー以来、今なお特異な活動を続けるノンジャンル音楽ユニット「ヒカシュー」のリーダー。日本トゥバ・ホーメイ協会代表、日本口琴協会会員、人体構造運動力学「操体法」インストラクター。1995年に現代音楽や前衛音楽を扱うニューヨークのレコード会社「TZADIK」から出したソロアルバム「KUCHINOHA」をきっかけに、欧米のコンテンポラリーミュージックのフェスティバルに招聘されるようになる。表し難いことを千変万化の声やからだの音に託し、歌唱の可能性の拡張をめざす「超歌唱法」の実践・普及活動として、ホーメイを教える催しやヴォイスパフォーマンスのワークショップ、「JAZZ ART せんがわ」のプロデュースなどに取り組んでいる。ニューヨークからトゥバ共和国まで、世界を舞台に独自のスタイルで活動を続けている。http://www.makigami.com/

 

出演者プロフィール=金水 敏 Satoshi Kinsui (言語学者、大阪大学大学院文学研究科教授)

1956年生。kinsui_2東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。博士(文学)。大阪女子大学助教授、神戸大学文学部助教授等を経て、2000年4月より現職。専門は日本語の歴史的研究および役割語研究。主な著書に『ヴァーチャル日本語 役割語の謎』(岩波書店、2003年)、『日本語存在表現の歴史』(ひつじ書房、2006年。新村出賞受賞)。役割語とは、老人語「ワシが知っておるんじゃよ」、お嬢様語「私が存じておりますわ」など、現実には必ずしも存在しないがフィクションを通じて誰でも知っている言語のヴァリエーションを指し示す概念。『ヴァーチャル日本語 役割語の謎』を通じて一般に知られるようになり、研究者のみならず、作家、アニメ制作者、マンガ家等も注目している。学生時代はオーケストラで指揮・フルートを担当、能楽、歌舞伎、文楽等の邦楽に興味を持つ一方でテクノ、プログレ、ワールドミュージックにもはまった。http://www.let.osaka-u.ac.jp/~kinsui/

 

★「UNLIMITED vol.1」終了後、17:00より、巻上公一(vocal,theremin)+"FOOD":Christian Fennesz(guitar)、Iain Ballamy(saxophones)、Thomas Strønen(drums、electronics)によるライブ開催決定!(会場:大阪大学会館アセンブリーホール/主催:大阪大学文学研究科音楽学研究室)
※詳細は、大阪大学文学研究科音楽学研究室HPに掲載しております。 

(こちらのイベントは、参加申込人数が定員に達しましたので、申込受付を終了しております)

 

vol.2はこちらから

「UNLIMITED:科学の新たな地平をひらく」とは=いま、「科学の限界」が問われています。表現者の独創的な想像力と科学者のあくなき探求心によって繰り広げられる自由な(UNLIMITED)対話が、科学の限界への突破口となる新たな英知を生み出すかもしれません。このイベントは、異分野で活躍する表現者と科学者が導き出す萌芽的知見を社会と共有しながら、科学の新たな地平を切り拓いていこうとする試みです。

日時: 2013年11月23日 (土) 14:00 から 16:00

このページのトップへ