国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

文化・芸術 
セミナー/シンポジウム情報

ベトナム知的財産フォーラム

2011年10月13日 (木) 13:00 から 17:30

テーマ:ベトナムの更なる経済発展に向けた知財法制の現状と課題
 ベトナムの知的財産法は、かつては、民法典と知的財産関連のデクレ(政令)によって規定
されていたが、2005 年に「知的財産法」としてひとまとめにされた。これを契機に2007 年1 月
にWTO に加盟し、2009 年には、更なる知的財産権保護の強化を目指し、同法が改正された
(2010 年1 月1 日施行)。法制度的には、知的財産の一定水準の保護が期待できる状況にな
りつつある一方で、米国通商代表部(USTR)のスペシャル301 条の監視国に指定されており、
模倣品対策をはじめエンフォースメントについては、さらなる課題が山積している。
今回、ベトナムから知的財産専門家を迎え、日本側専門家と共に、現在のベトナムの法制・
エンフォースメントの現状を(再)認識し、ベトナムの更なる経済発展のために、今後どのよう
な法制度の整備を進めていくのが望ましいのかについて、共に考えることを目的として本フォ
ーラムを開催いたします。

○参加人数: 100 名程度
○議長:江口 順一氏(交渉中) 大阪大学名誉教授、弁護士、前日本工業所有権法学会理事長
○ベトナム側専門家: 6名 (予定)
ベトナム特許庁(NOIP) (3 名)、最高裁判所経済裁判所 (1 名)、科学技術省:法規局 (1 名)、国立知的財産研究所 (1 名)
○日本側専門家: 3 名
石那田隆之氏 未来総合法律事務所 弁護士
谷川 正芳氏 日東電工株式会社 知的財産部 担当部長
辰巳 直彦氏 関西大学法科大学院 教授
○使用言語:ベトナム語と日本語(逐語通訳)
○参加費:無料

1 3 : 0 0 開会の挨拶

1 3 : 1 5 最新のベトナム知的財産事情
報告者:ベトナム特許庁(NOIP)、最高裁判所経済裁判所、他

1 4 : 1 5 <質疑応答&討論>

1 5 : 0 0 ベトナムの知的財産法制について
       報告者:石那田隆之氏 未来総合法律事務所 弁護士

1 5 : 3 0  ベトナム知的財産権制度:実務からの視点
       報告者:谷川正芳氏 日東電工株式会社 知的財産部 担当部長

1 6 : 0 0 <質疑応答&討論>

1 7 : 0 0 ベトナム知的財産制度の課題(総括)
       報告者:辰巳直彦氏 関西大学法科大学院 教授

1 7 : 2 0 閉会の挨拶 江口順一氏(調整中) 大阪大学名誉教授、弁護士

日時: 2011年10月13日 (木) 13:00 から 17:30
主催: 一般財団法人比較法研究センター(KCLC)、独立行政法人国際協力機構(JICA)、大阪大学知的財産センター(IPrism)、関西大学法科大学院
場所: 大阪大学中之島センター
参加登録: 必要(FAX)
URL: http://www.kclc.or.jp/
連絡先: 一般財団法人 比較法研究センター 担当 不藤・城崎
fudom@kclc.or.jp

このページのトップへ