国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

医療・健康 
セミナー/シンポジウム情報

高度副プログラム「感染症学免疫学融合プログラム」ガイダンス

2011年4月12日 (火) 10:30 から 12:00

新型インフルエンザといった新興感染症や社会的に影響の大きいAIDSやマラリア等の感染症の治療法の開発には、宿主側の免疫応答の理解が欠かせません。また、近年、常在微生物による免疫系に対するインパクトが自己免疫疾患の発症に大きく寄与していることも分かってきており、こうした免疫系疾患の治療法の開発には微生物と宿主の相互作用の理解が不可欠です。これらの理由から、従来別個の学問として発展してきた感染症学と免疫学の両方に精通している研究者の育成が重要な課題となってきています。
 本高度副プログラムでは、そのような研究者の養成を目指して、微生物病研究所・免疫学フロンティア研究センター・医学系研究科という感染症学、免疫学のトップレベルの研究者が多数集積している有利な環境を最大限に生かした教育を行います。感染症学と免疫学の分野の第一線の講師陣が、(1)基本概念のレクチャーと(2)関連する領域の重要な文献に関するディスカッションという2つを1ユニットとして、プログラムを展開し、この領域で、指導的な役割を果たせる研究者の育成を実践的に行います。  

日時: 2011年4月12日 (火) 10:30 から 12:00
主催: 大阪大学微生物病研究所
場所: 微生物病研究所 本館1階微研ホール
参加登録: 不要
URL: http://www.biken.osaka-u.ac.jp/suishin/subpro/subpro.html
連絡先: 感染症学免疫学融合プログラム推進室
suishin*biken.osaka-u.ac.jp(*を@に変えてください)

このページのトップへ