国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

教育・学校 
セミナー/シンポジウム情報

【阪大ならではのアウトリーチ活動】のかたちをさぐるFDワークショップ ~ スタートアップ編 ~

2011年3月8日 (火) 10:00 から 17:30

【阪大ならではのアウトリーチ活動】のかたちをさぐるFDワークショップ ~ スタートアップ編 ~

日時: 2011年3月8日(火) 10:00~17:30
場所: 大阪大学豊中キャンパス 大学教育実践センター教育研究棟1 2階 スチューデントコモンズ マッチングセミナー室
主催: コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)、大阪大学21世紀懐徳堂
対象: アウトリーチ活動に関心のある大阪大学の教員、職員、ポスドクなど。
参加費: 無料
注意: 昼食をご持参ください。終了後に懇親会を予定しています。

近年、大学の「社会貢献」に期待が高まるなかで、個々の研究者にも、一般の市民との「対話」を通じて、研究の目的や成果の意味について説明したり、市民のニーズや問題意識を研究者が共有したりする「アウトリーチ活動」が求められるようになっています。その一環として、サイエンスカフェと呼ばれる対話型のイベントが、年間1000件以上、全国各地で開催されています。政府の総合科学技術会議でも昨年6月に「『国民との科学・技術対話』の推進について(基本的取組方針)」を発表し、大型の研究プロジェクトには半ば義務づけるなど、今後さらにそうした活動を促進する方針を打ち出しています。

とはいうものの研究者の側では、戸惑いや疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。アウトリーチをやってみたい、やらなければと思うけれど、具体的にどうやったらいいのかわからない。人はちゃんと集まるのか?従来のような公開講座やシンポジウムではいけないのか?文系は関係ないのか?そもそもアウトリーチすることにはどんな意味があるのか?―などなど。

そこでコミュニケーションデザイン・センター(CSCD)では、アウトリーチ活動に関心のある阪大内のみなさまを対象に、【阪大ならではのアウトリーチ活動】のかたちを探るワークショップを開きます。これまでにアウトリーチ活動を行った経験のある学内の研究者等の皆さんの協力のもと、今回はスタートアップとしての開催です。新年度にはシリーズ的に開き、参加者同士で知恵を出し合いながら、具体的な企画の立案・実施、アウトリーチの多彩な「メニュー」と「レシピ(実施マニュアル)」の作成・共有につなげていきたいと考えています。

理系・文系、大型研究費かどうかは問いません。いろいろなカタチ、主催者も参加者も「やってよかった」「参加してよかった」と思える阪大ならではのアウトリーチを、一緒に創ってみませんか?

■ ワークショップの概要(午前は1,2、午後に3。詳細は後日。)
1. 趣旨説明と参加者の自己紹介
2. アウトリーチ経験者からの報告と問題提起 (サイエンスカフェを例に挙げます。)
3. アウトリーチの課題の発掘と共有(アウトリーチ活動の「悩み」「課題」の整理、「そもそもなぜアウトリーチ?なぜ対話?」など。これをワークショップ形式で考えつつ、ファシリテーションなどワークショップの方法論についても体験的に紹介します。)

■ 参加申込みとお問い合わせ
参加をご希望の方は、下記の事項を添えて、3月4日(金)までに下記アドレスまでご連絡ください。お問い合わせ先も同じです。

1. ご氏名
2. ご所属
3. 職種
4. 懇親会参加の有無

◇参加申込み/お問い合わせ先アドレス
平川秀幸 (コミュニケーションデザイン・センター准教授)
hirakawa[ at ]cscd.osaka-u.ac.jp ([ at ]を@に代えてください)

日時: 2011年3月8日 (火) 10:00 から 17:30
主催: コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)、大阪大学21世紀懐徳堂
場所: 大阪大学豊中キャンパス 大学教育実践センター教育研究棟1 2階 スチューデントコモンズ マッチングセミナー室
参加登録: 必要(メール)
URL: http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/activity/view/608?mode=0&page=1&discipline=&activity=&staff=&keyword=
連絡先: 平川秀幸 (コミュニケーションデザイン・センター准教授)
hirakawa[ at ]cscd.osaka-u.ac.jp 

このページのトップへ