国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

科学・技術 
セミナー/シンポジウム情報

Germ cells, transposons,and non-coding RNAs (Professor, Norman B. Hecht)

2011年1月28日 (金) 16:00 から 17:00

The mammalian testis contains over 500 RNA-binding proteins and many transcripts that do not encode proteins (non-coding RNAs) such as the abundant piRNAs. In this seminar the effects of gene targeting a population of piRNAs and a new group of small RNAs that selectively bind to the germ cell-specific DNA/RNA-binding protein MSY2 will be discussed. MSY2 is a multifunctional protein essential for fertility in both males and females.

染色体の遺伝子が存在しない領域は何もしていないのではなく、そこからタンパク質をコードしないRNA(non-coding RNA)がたくさん転写されています。近年の研究からこれらのRNAは生命の様々な局面で重要な役割を果たしていることが知られるようになってきました。今回のセミナーは生殖細胞の成り立ちに必須であるMSY2タンパク質とnon-coding RNAに関するお話です。Hecht博士は遺伝情報実験センターの客員教授として本年の3月15日まで滞在の予定です。

日時: 2011年1月28日 (金) 16:00 から 17:00
主催: 大阪大学微生物病研究所附属遺伝情報実験センター
場所: Biken Hall,1st Floor,Biken Main Building
参加登録: 不要
連絡先: 遺伝子機能解析分野  岡部 勝
okabe@gen-info.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ