国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

科学・技術 
セミナー/シンポジウム情報

第3回サイエンスカフェ「免疫の不思議」

2011年1月18日 (火) 18:30 から 20:30

 最先端研究開発支援プログラム「免疫ダイナミズムの統合的理解と免疫制御法の確立」(中心研究者:審良静男)では、「カフェ・オンザエッジ ~先端の科学者が見ているコト・モノ~」の3回シリーズで、サイエンスカフェを実施しています。

本プログラムのサイエンスカフェ「カフェ・オンザエッジ」は、医学生物学の分野で進められている生体イメージング技術と免疫学との融合に焦点を当てて、本プログラムの中心研究者やサブテーマリーダー等の研究者をゲストに迎え、研究者の見ているコトやモノを紹介します。

第3回目は、最近話題となっている「免疫」に迫ります。

・病原体が入ってきた時、体の中では何が起きているの?

・私達の体にとって、良いものか悪いものかどうやってわかるの?

・一度かかった病気にならないのはどうして?

・免疫にも記憶があるの?

・最近、免疫力を上げる方法とか聞くけれど、あなたが考える免疫力は何?

・免疫力を上げるのは本当に良いこと?

・そもそも免疫力って何のこと?

・どうやって測るの? そんなものあるの?

………………

免疫には不思議がいっぱいです。皆さんと免疫について考えるために、免疫を大きく2つに分けてそれぞれの専門家をゲスト(話題提供者)に迎えます。

まず病原体が入ってきた時に最初に働くのが自然免疫、そして病原体を記憶して2度目には素早く反応してくれるのが獲得免疫です。自然免疫の機構を明らかにした審良静男 教授(中心研究者)と、獲得免疫を研究している黒崎黒崎知博 特任教授が、それぞれの立場で免疫をどう捉えるのか、お話しします。二人の対話から、最近明らかとなってきた、自然免疫と獲得免疫の絶妙な関係も見えてくることでしょう。

最先端の研究者が知りたいと思っていることは何なのか。大阪大学がおくる豪華版サイエンスカフェ。どうぞお楽しみに。

・ゲスト(話題提供者)

審良 静男(大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 拠点長 / 教授)

黒崎 知博(大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 特任教授、理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究センター グループディレクター)

・ファシリテーター   難波 美帆(早稲田大学 大学院政治学研究科 准教授 / サイエンス・メディア・センター)

参加費・事前申込みは不要です。お気軽にお立ち寄りください。
日時: 2011年1月18日 (火) 18:30 から 20:30
主催: アートエリアB1 【大阪大学+NPO 法人ダンスボックス+京阪電気鉄道(株)】
後援: 共催:内閣府・最先端研究開発支援プログラム(中心研究者:審良静男)、大阪大学免疫学フロンティア研究センター
場所: アートエリアB1(京阪電車中之島線「なにわ橋駅」地下1階コンコース)
参加登録: 不要
URL: http://akira-pj.lserp.osaka-u.ac.jp/entry_20101216.html
連絡先: 研究推進部 大型教育研究プロジェクト支援事務室 
lserp-contact-rep@ml.office.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ