国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

大阪大学の活動基準

大阪大学の活動基準については、今後の感染状況等社会情勢を踏まえつつ、政府及び大阪府の動向に沿って、大阪大学における感染予防のための標準的対策に基づく感染防止対策を講じたうえで、段階的に緩和しながら、ウィズコロナ時代における大学の平常化を目指します。

各活動の実施にあたっては、「コロナ新時代における大阪大学の行動ガイドライン」を遵守するとともに、要配慮者※への対応を行うこととします。

※妊婦、重症化しやすい者(高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある者、透析を受けている者、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている者等)、新型コロナウイルスに対して著しく不安を抱える者

各カテゴリーのレベルは順次改訂する予定です。

大阪大学の活動基準(~9月30日版)


大阪大学の活動状態(2020年7月13日~)

レベル0(通常通りの活動) ~ レベル5(活動停止状態)

1. 授業 レベル0.5
・メディア授業を主体に実施
・対面式の講義は、学部専門科目(3年次以上)及び大学院の科目については実施可能。それ以外の科目については、申請して許可された科目のみ実施可能
・対面式の実習・実験・演習は、学部専門科目及び大学院の科目については実施可能。それ以外の科目については、申請して許可された科目のみ実施可能
・対面式で講義、実習・実験・演習を行う場合は、全員のマスク着用を前提として、横方向に席を一つ空けた状態で、収容定員の2/3以下の参加人数で実施※1
※1 例 間隔を空けて配置する3人掛け机であれば、真ん中の席を空けて両端の席を使用することが可能
・学内アクセスポイント利用可能
2. 研究 レベル0.5
・研究・実験作業は、通常どおり実施可能(ただし、研究室の滞在時間をできるだけ短くする。自宅での研究活動も可)
・ゼミ等の研究指導は、可能な限りオンラインを推奨するが、対面の場合は全員のマスク着用を前提として、横方向に席を一つ空けた状態で、収容定員の2/3以下の参加人数で実施可能
・フィールドワークは、行政による移動制限等を考慮の上で実施可能
3. 事務 レベル0
・テレワークや時差出勤を活用しながら、通常どおりの業務を行う
4. 会議・イベント レベル0.5
・学内会議は、可能な限りオンラインを推奨するが、対面の場合は全員のマスク着用を前提として、横方向に席を一つ空けた状態で、収容定員の2/3以下の参加人数で実施可能
・イベントは、可能な限りオンラインを推奨するが、対面の場合は収容定員の1/2以下の参加人数で実施可能
・学外で対面による会議等を主催する場合は、その地域の感染状況や、行政による規制等を考慮して実施可能
・学外会議等への参加(国内出張)は、その地域の感染状況や、行政による移動制限等を考慮して行う
5. 共同利用インフラ
レベル2
・図書館は、サービス内容、在館時間等を制限して開館。学外者は利用不可
・各コモンズは、利用者数を制限して開場
・学内連絡バスは、乗車人数を制限して運行
6. 課外活動 レベル2
・各団体の活動内容により、許可されたものは実施可能

 

医学部附属病院及び歯学部附属病院の診療等に関しては、各ウェブサイトをご確認ください。

 

学内構成員の方へ

下記をご確認ください。

【新入生を含む在学生】新型コロナウイルス感染症への対応について(在学生向け)
:最新の情報は「KOAN」を通じて周知します。

【教職員】新型コロナウイルス感染症への対応について(教職員向け)
:最新の情報は「マイハンダイ」等にて周知します。

 

活動基準についての問合せ先

大阪大学安全衛生管理部

 TEL : 06-6879-4027 FAX : 06-6879-4024
   e-mail : anzen-suisindai2[at]office.osaka-u.ac.jp
  ※ アドレスの[at]は@に変更してください

このページのトップへ