国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

在学生
イベント情報

第3回UC大阪オフィス特別講義“Case Based Critical Thinking”を開催します!

2015年3月19日 (木) 13:30から

UC大阪オフィス特別講義として、本学未来戦略機構のINO JOH第3回UC特別講義N HAMPTON特任教授(カリフォルニア大学サンフランシスコ校名誉教授、元UC東京スタディセンター長)による、グループ討論型のインタラクティブな演習講義シリーズの第3回目を開催します。

この特別講義は身近な論争的課題を具体的な討論事例として、ステークホルダーアナリシス等を通して多面的・批判的に、また楽しくポジティブに考え、論理的な思考・情報発信能力を高める英語講義です。

本学の大学院生、学部生の方なら、どなたでも参加できます(先着30名)。
授業見学を希望される教員の方もウエルカムです!

なお、いままでに本シリーズの講義を受講していない方でも、参加できます。

日時

2015年3月19日(木) 13:30~15:00及び15:10~16:40

場所

豊中キャンパス 文理融合型研究棟7階共通講義室

講義内容

This lecture will challenge the students’ critical thinking skills. Students will be given case studies from new disruptive technologies. They will analyze the issue and answer the general question, “What should I do?”

The general “tools” they will use for analysis are:
1) stakeholder identification,  2) brainstorming rules

The personal dilemmas they will struggle with are:
1) Where should I stop on this "slippery slope"?
2) What is influencing my actions: feelings (emotion) or thinking (intellect)?

1. Brainstorming Session:
Using the Rules of Brainstorming, students will be asked:
● How can Japanese students get more involved during discussions?

2.  “Do you want to choose the sex of your child?”
Considering the current technologies in reproductive medicine, students will be asked additional questions such as:
● Would you choose a child with a higher IQ?
● Would you choose a child with better athletic ability?"

申込方法

kyosui-gakusei-uceap@office.osaka-u.ac.jp宛てに、件名「3/19 UC大阪オフィス特別講義申込み」とし、3月17日(火)までに下記をお知らせください。

①氏名 
②氏名のフリガナ
③氏名の英字表記 
④所属の学部・研究科の「邦字」と「英字」表記
 → 大学院生:所属研究科ないしリーディング大学院名、学年(M,D, 1,2,など)、 
   学部生: 学部・学科(専門)、学年(B, 1,2,など)
⑤2コマ受講可能かどうか (講義は10分間の休憩をはさんで90分×2で構成されています)。
 やむを得ず途中参加・早退する場合は、事前にお知らせください。
⑥連絡先電話番号

問い合わせ先

UC大阪オフィス・中山
TEL: 06-6850-6785
E-mail: kyosui-gakusei-uceap@office.osaka-u.ac.jp
参照web: http://www.inosensei.com/osakauniversitygraduate/id34.html

特別講義の詳細はこちら

このページのトップへ