国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

在学生
イベント情報

第2回UC大阪オフィス特別講義“Case Based Critical Thinking”を開催します

2015年1月15日 (木) 13:30から

UC大阪オフィス特別講義として、本学未来UC大阪戦略機構のINO JOHN HAMPTON特任教授(カリフォルニア大学サンフランシスコ校名誉教授、元UC東京スタディセンター長)による、グループ討論型のインタラクティブな演習講義シリーズの第2回目を開催します。

この特別講義は身近な論争的課題を具体的な討論事例として、ステークホルダーアナリシス等を通して多面的・批判的に、また楽しくポジティブに考え、論理的な思考・情報発信能力を高める英語講義です。

本学の大学院生、学部生の方なら、どなたでも参加できます(先着30名)。
授業見学を希望される教員の方もウエルカムです!

なお、当シリーズ第1回の講義を受講していない方でも、参加できます。

日時

2015年1月15日(木) 13:30~15:00及び15:10~16:40

場所

豊中キャンパス 文理融合型研究棟7階講義室

講義内容

From Downloading “Free” Music to 3D Printing: Guns ‘n Roses to Guns

1. Students will be given beforehand

● Article: Sticky Fingers in The Supply Closet
● Video: Fudge Factor; Dan Ariely
● Video: Losing Crescent Wrench at the Space Station

2. Students will

● be asked whether downloading “free” music is “stealing or sharing”
● analyze the transition from physical things (CDs, DVDs) to digital files
● discuss the global nature of file sharing

3. Small group discussion topics

● Who are the stakeholders?
● Who are the old (obsolete) middleman? Who are the new (digital) middlemen?
● How will “digitalization” effect my career?
● Can we brainstorm new business opportunities / careers?

申込方法

kyosui-gakusei-uceap@office.osaka-u.ac.jp宛てに件名「1/15 UC大阪オフィス特別講義申込み」とし、1月13日(火)までに下記をお知らせください。

①氏名
②氏名のフリガナ
③氏名の英字表記 
④所属の学部・研究科の「邦字」と「英字」表記
 →大学院生:所属研究科ないしリーディング大学院名、学年(M,D, 1,2,など)
  学部生: 学部・学科(専門)、学年(B, 1,2,など)
⑤2コマ受講可能かどうか (講義は10分間の休憩をはさんで90分×2で構成されています)。
 やむを得ず途中参加・早退する場合は、事前にお知らせください。
⑥連絡先電話番号

問い合わせ先

UC大阪オフィス・中山
TEL: 06-6850-6785
E-mail: kyosui-gakusei-uceap@office.osaka-u.ac.jp
参照web: http://www.inosensei.com/osakauniversitygraduate

特別講義の詳細はこちら

このページのトップへ