国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

すべての方
イベント情報

第4回 大阪大学・京都大学・神戸大学 連携シンポジウム―21世紀を“みず”と暮らす― (受付終了しました)

2011年1月21日 (金) 13:00から

 
参加登録は定員に達しましたので、受付を締め切らせていただきました。
多数のお申し込みをいただき、ありがとうございました。


 毎年新春に3大学が連携してシンポジウムを開催しています。
 今回は、大阪大学が幹事校となり、『21世紀を“みず”と暮らす』をメインテーマと
して開催します。

 本シンポジウムは、さまざまな“みず”の問題を理解し、人と“みず”の関係を深く考える契機とすることで、かつての人と水との密な関係を取り戻し、さらに、より良いものとしていく方向を探ることが狙いです。

 琵琶湖─淀川という日本最大の流域圏、灘の宮水や京都の伏水で知られる豊かな地下水、市民とともに水都復興を目指す大阪、それらを要する関西地区3大学にふさわしいテーマとして企画しました。

【日 時】平成23年1月21日(金)13:00~17:30
【場 所】大阪大学中之島センター 10階 佐治敬三メモリアルホール

--プログラム--
◆3大学の総長・学長挨拶

◆基調講演「水なくして生命(いのち)なく、水なくして文化(くらし)なし」
  川那部 浩哉 (滋賀県立琵琶湖博物館前館長、京都大学名誉教授)

◆話題提供・総合討論「持続する“みず”と人の関係を目指して~現在過去未来~」
  司会: 池 道彦(大阪大教授)
  話題提供者:田中丸 治哉(神戸大学教授)
        藤井 滋穂(京都大学教授)
        白井 大造(大阪市水道局長)
        内貴 研二(サントリーホールディングス㈱エコ戦略部長)
        小浦 久子(大阪大学准教授)
        古武家 善成(神戸大学客員教授)

 

※プログラムの詳細・参加登録等はシンポジウムホームページ(http://www.3univ.jp/)をご覧ください。

 

3大学ポスターweb

 

 この三大学連携シンポジウムは、京都大学、大阪大学、神戸大学が相互に連携して科学技術、文化・芸術等の振興に関する共同教育・研究事業としてシンポジウムを実施することにより、高度な研究者及び技術者の人材育成に貢献し、もって関西地域の活性化に資することを目的として、平成19年度から平成24年度に至る6年間にわたって大阪大学、京都大学、神戸大学の順に幹事となり輪番で実施しているものです。

 

このページのトップへ