国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

すべての方
イベント情報

水都大阪2009記念シンポジウム 「遊びをせんとや生まれけむ-水都大阪の再生」

2009年9月22日 (火) から

水の都・大阪の復興を目指すシンボルイベント「水都大阪2009」を記念して、シンポジウム「遊びをせんとや生まれけむ-水都大阪の再生」が開催されます。

世界にもまれな都心部を囲む川によってできたロの字型の「水の回廊」は、古くは難波津に都がおかれた時代、「天下の台所」と呼ばれた江戸時代、そして「東洋のマンチェスター」と称された近代に至るまで、大阪の人々の暮らしにはかりしれない恩恵を与えてきました。大阪の歴史・経済・文化・風物・風景は、川によって形成され育くまれてきたのです。しかし、近代化、戦後のモータリゼーションのなかで、川や堀は埋め立てられ、「浪華八百八橋」とうたわれた数多くの橋もなくなり、川の都市資産としての価値は忘れられ、失われてきました。一方で大阪は、全国でもまれなる町人文化が成熟し、「民」の力を大きな原動力として発展してきた歴史文化都市です。その伝統は、現在もまちづくりを牽引する多様なNPOや市民活動に引き継がれています。

シンポジウムのタイトル「遊びをせんとや生まれけむ」は、『梁塵秘抄』のよく知られた歌ですが、「水都大阪」とは、連日各所で展開される多様なイベントやワークショップによって、人が都市や川と遊び戯れ、さまざま感覚を開き、都市に「遊びの文化」のエネルギーを生み出そうとする壮大な祭りということができます。情報、記号、流行、スピードに対して、五感、身体を大切にする人間社会構築へのキーワードを「遊び」と捉えたいと思います。シンポジウムでは、大阪の歴史・都市・文化の研究者、河川や環境の専門家、大阪を拠点に世界的に活躍するアーティストが国内外より一堂に会し、この「水都大阪」の企ての意義を多様な角度から考え、水都としての大阪の歴史、文化、交流等をテーマに語り合うことで、大阪の都市力の向上と発信を目指します。

 

日時:9月22日(火・祝) 10:00~18:15

会場:リーガロイヤルホテル(大阪)大宴会場ロイヤルホール

定員:300名(要予約)

入場料:1000円(日英同時通訳つき)※交流会参加の場合は別途2000円


主催:大阪大学、水都大阪2009実行委員会

助成:独立行政法人日本万国博覧会記念機構

 

[プログラム]

10:00– 開会あいさつ  平松邦夫(大阪市長/水都大阪2009実行委員会会長)

10:15– 基調講演    鷲田清一(大阪大学総長)

10:45– 問題提起    吉見俊哉(東京大学大学院情報学環教授)

11:00– セッション1「河港・大阪と市民社会」・第1部

12:30– 昼食休憩

13:30– セッション1・第2部

15:00– コーヒーブレーク

15:15– セッション2「 大阪の市民力・文化力─アートが都市をかきまぜる!」

17:15– 総括講演    鷲田清一(大阪大学総長)

17:45– パフォーマンス:Dance Box企画「GUYS・水都大阪編」シンポジウム風ダンス ~踊れ!熱い男の水掛け論~

18:30-19:30 交流会

■ セッション1・2 コーディネーター

金水 敏(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター長/同大学院文学研究科教授)

平田オリザ(劇作家/大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授)

北川フラム(アートディレクター/水都大阪2009プロデューサー)

 

予約・お問い合せ先>

水都大阪2009記念シンポジウム事務局(アートフロントギャラリー内)

TEL: 03-3476-4868 FAX: 03-3476-4874 Email: suito@artfront.co.jp

 

シンポジウム公式ホームページ

http://www.suito-osaka2009.jp/corridor-other/symposium/index.html

このページのトップへ