国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

学位プログラム「物理学」(博士前期)の教育目標及び各ポリシー

授与する学位:修士(理学)

教育目標

 大阪大学および理学研究科の教育目標のもと、学位プログラム「物理学」では物理学を通じた高度な教育を行います。物理学は自然の原理探究を目的としたすべての自然科学の基盤であり、今日の科学技術を支える礎です。また、社会発展のための基盤であると同時に、即時的な応用を必ずしも目的としない人類全体の文化的・知的な財産にもなっています。この性格ゆえに、物理学は今日のように社会的環境が大きく変化している時にも、柔軟に物事の本質を考えるための基礎を提供します。
 物理学専攻では、上に述べたような物理学の特徴を踏まえて以下のような目標を掲げています。

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 物理学の先端研究を通じた教育を行い、実際の研究に触れて研究手法を理解する。

○高度な教養

 幅広い自然科学の素養に基づく柔軟な発想から、自然に対して鋭い直感力と的確な判断力を養う。

○高度な国際性

 世界の研究者と共同研究や国際研究会での議論も行いつつ国際性を身につける。

○高度なデザイン力

 上記の能力をもとに、自らのアイディアでそれらを最先端の研究に結びつけることも教育の視野に入れています。

○独自の教育目標

 博士前期課程修了後には公的機関・企業等での研究職・技術開発職・教育職などの広い分野で貢献できる人材を育成することを目標としています。

 物理学の美しさや深遠さの魅力を追求して、それらを研究成果として結実させるためには、より高度な学問的素養を身につけ、広い視野と科学的思考力を持ち、またそれを実践する方法論を修得しなければなりません。このような人材こそが、将来、グローバルに分野を超えて活躍できると考えています。

 

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 大阪大学および理学研究科のディプロマ・ポリシーのもと、学位プログラム「物理学」では素粒子・原子核・物性理論、素粒子・原子核実験、物性実験の各分野に分かれ、真理追求の中で物理学の本質を学び、主に物理学専攻が提供する科目構成から得られる能力を身につけた学生に学位を授与します。

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 課程修了者は、物理学を中心とした基礎学力、英語で書かれた学術論文を理解する能力、広い分野で活躍できる問題解決能力と学会発表等を通じて研究成果を発表する能力を身につけています。
 理論系課程修了者は、その分野の最先端を理解する能力を身につけています。
 実験系課程修了者は、その分野に新たな貢献を行う能力を身につけています。

○高度な教養

 広い分野で活躍できる基礎学力と研究者倫理、さらには異分野の人ともコミュニケーションができる高度な教養を身につけています。

○高度な国際性

 英語のコミュニケーション能力と研究発表能力を身につけています。

○高度なデザイン力

 学生が希望するキャリアに応じて
・専門分野の最先端までの専門知識を修得し、博士後期課程進学後に自立して研究を行うために必要な基礎的能力を身につけています。
・基礎研究を企業等での応用研究に生かす能力を身につけています。
・高等学校教員として課題研究等の指導能力を身につけています。

○独自の学習目標

 また、大学院副専攻プログラム、高度副プログラム、高度博士人材養成プログラムの修了者は、学際的・俯瞰的な視点や複眼的視野で対象を考える能力を身につけています。

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 大阪大学および理学研究科のカリキュラム・ポリシーのもと、学位プログラム「物理学」では素粒子・原子核・物性理論、素粒子・原子核実験、物性実験の3分野のいずれかに所属し、各分野の専門分野における知識・能力を身につけるため下記のカリキュラムを履修し、試験・レポート等に合格したのち単位を与えられます。

 

【教育課程編成の考え方】

 講義科目、セミナー、修士論文の3つを通じてディプロマ・ポリシーの目標の達成を目指します。

 

【学修内容及び学修方法】

 各分野で開講される専門科目を履修し、専門分野の最先端までの知識を身につけます。
・共通科目から適切な科目を履修し、各分野に共通な基盤的知識を身につけます。
・博士前期課程では、
 1 理論系学生は、教員の指導の下で研究方法を学び、その分野の最先端までの理解をすることができます。さらに進んで独自の研究を行うことも奨励します。
 2 実験系学生は、教員の指導の下で実践的な研究方法を身につけ、各学生が工夫を施し自ら実験を行い、その分野で新たな貢献を行うことができます。いずれの場合においても、各研究室・研究グループのセミナーに参加して研究の進捗状況を報告、得られた結果について討論し、教員の指導の下に修士論文を作成します。
・各々の進路に合わせた大学院教育プログラムを履修し、独立法人研究所等での研究者、企業等での研究者、高校等での高度専門型理系教育指導者等に必要な能力・技能の取得、またグローバルに活躍できる能力を身に付けます。
・ 専攻共通科目・副専攻プログラム・高度副プログラム・高度教養プログラムにより、より広い分野の知識や応用能力、豊かな学識を身につけます。

 

【学修成果の評価方法】

 学修の成果は専門科目については試験・レポートに基づき評価します。
 セミナー科目においては研究課題に対する取り組みと成果の両方をを総合的に評価します。
 修士論文については、審査員を中心として論文と口頭発表で評価します。

 

カリキュラム・マップ

〇物理学(博士前期課程)

このページのトップへ