国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

学位プログラム「環境エネルギー工学」(研究科)の教育目標及び各ポリシー

授与する学位:修士・博士(工学)

教育目標

 大阪大学および工学研究科の教育目標のもと、学位プログラム「環境エネルギー工学」では環境工学・エネルギー量子工学それぞれの分野の問題を解明するために必要となる広範かつ高度な科学的知識、解決策を構築する深い論理構築力、これらを人類社会の発展に活かすことのできる教養・デザイン力・国際性を身につけた人材の育成を目標としています。
 同博士後期課程での教育では、さらに環境エネルギー工学分野のフロンティアの開拓とそこで生じる問題の解決に貢献できる技術リーダーを育成します。

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 自然科学および社会についての深い理解のもと、自身の専門分野における先端かつ学際融合分野の知識・技能の修得を目指します。

○高度な教養

 専門分野のより深い知識の修得だけでなく、専門分野を取り囲む幅広い分野の知識を修得し、深い教養と思考力、高い倫理観を育成します。

○高度な国際性

 グローバルな問題に、海外の研究者と協働して取り組むことができる国際性・コミュニケーション力を持つ人材の育成を目指します。

○高度なデザイン力

 環境エネルギー問題における課題を発掘し、解決に導くために必要となる総合的なデザイン力を養うことを目指します。

 

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 大阪大学および工学研究科のディプロマ・ポリシーのもと、学位プログラム「環境エネルギー工学」では、教育目標に定める人材を育成するために、博士前期課程及び博士後期課程についてのディプロマ・ポリシーを以下のように定めます。
 博士前期課程では、環境工学分野とエネルギー量子工学分野の双方がもつ「人類の生存基盤」を築く研究と教育を展開することにより、そのシナジー効果を発揮できる教育研究カリキュラムに沿って設定した所定の単位を修得して研究科規程に定める試験に合格し、かつ専攻分野の発展への貢献という観点からの修士学位論文の学位審査に合格した学生に修士(工学)の学位を授与します。
 博士後期課程では、環境エネルギー工学専攻の定めるカリキュラムに沿って設定した所定の単位を修得して研究科規程に定める試験に合格し、かつ十分な学術的価値と新規性、および社会貢献の観点からの学位論文の審査に合格した学生に博士(工学)の学位を授与します。

 

博士前期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

(1)環境エネルギー工学分野における高度な専門知識と技能を修得している。
(2)修士論文研究として取り組む先端および学際融合分野の知識と技能を修得している。

○高度な教養

(3)環境エネルギー問題の背景と本質を洞察する幅広い教養と高い倫理観を身につけている。

○高度な国際性

(4)母国語に加えて英語で修士論文研究の内容・成果を発表し、それに関する討論を行う能力を修得している。

○高度なデザイン力

(5)研究開発を実践するための論理的思考力、異分野の専門家を含めたコミュニケーション力及び協働による問題解決力を修得している。

 

博士後期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

(1)環境エネルギー工学分野における先端的な専門知識と技能を修得している。

○高度な教養

(2)環境エネルギー問題を複眼的に捉え本質を洞察する幅広い教養と高い倫理感を身につけている。

○高度な国際性

(3)博士論文研究の内容・成果を母国語に加えて英語で発表し、それに関する専門的に高度な討論を行う能力、国際的なコミュニケーション力を有している。

○高度なデザイン力

(4)論理的、複眼的かつ独創的な思考力を有し、社会ニーズに応じた研究課題の発掘・探求能力、研究企画・推進力、問題解決力、表現・発信能力を併せ持つ実践的研究能力を有している。
(5)新規性、独創性、学術的ならびに社会的意義を有する博士論文を作成する能力を有している。

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 大阪大学のおよび工学研究科のカリキュラム・ポリシーのもと、学位プログラム「環境エネルギー工学」では以下のとおりカリキュラム・ポリシーを定めています。

 

【教育課程編成の考え方】

 工学研究科のカリキュラム・ポリシーのもとに、博士前期課程では、環境工学コースおよびエネルギー量子工学コースに分かれたカリキュラムを提供しています。環境工学コース科目は、人間系・システム系・自然系の3つの分野から科目、また、エネルギー量子工学コース科目は、原子力系とエネルギー系の2つの分野から授業、演習、ゼミナール科目を提供します。これらの科目により、専門とするコースの科目を中心に、他のコースの科目を含め幅広い分野の科目から選択、履修する独自の教育システムを提供し、高度な専門性と深い学識を身につけさせます。またこれらの系に共通した英語科目、インターンシップ科目、外部講師による先端特別講義なども提供しています。これらの科目は、互いに結びついており、それが横断的・有機的に結合することにより、さまざまな社会的な要請に応えるプロジェクトを組むことが可能となっており、幅広い教養や国際性、デザイン力の獲得にもつなげます。これらの科目の履修に続いて、研究プロジェクトに参画し、その成果を修士論文にとりまとめることにより、産業社会を先導する役割を果たしうる人材、社会に出て即戦力となるような技術者や研究開発者に必要な、高度な専門性や知識を身につけさせます。別途、環境工学コースではGlobal Threats and Sustainability、エネルギー量子工学コースではイノベーションデザイン学、放射線化学と原子炉水化学、Energy Politics、Energy Businessを、専門と関連する高度な教養の獲得を可能とする高度教養教育科目として提供しています。さらに両コースの学生には、幅広い高度教養を身につけるため、他専攻の科目も積極的に受講するよう奨励しています。また、両コースで、工学英語I・II、エネルギーマネージメント特論、原子炉物理学など多数の講義を英語で講義し、高度国際性涵養教育科目として提供することで、高度な国際性を身に付けさせるようにしています。修了要件は、所定の授業科目について30単位以上修得し、かつ指導教員(主査)に加えて他の分野の教員(副査)による研究指導を受け、修士論文審査に合格することです。
 博士後期課程では、さらに先端的な専門知識を身につけさせるため配当している科目から4単位以上を取得させます。学位取得には、加えて、博士論文の審査に合格することを必要とします。
 博士前期・後期課程を通じて、優秀で創造力に富む研究者・技術者を育成するために、工学研究科に所属する教員に加え、産業科学研究所、接合科学研究所、レーザー科学研究所等の学内他部局や学外からも教員を迎え、研究指導を行っています。

 

【学修内容及び学修方法】

 博士前期課程各コースの専門科目群では、講義・演習・実験・フィールドワークなどのメニューを組み合わせて、最先端の専門知識と研究開発技術を修得させます。環境工学ゼミナールI~IVおよびエネルギー量子工学ゼミナールI~IVでは各学生および各研究室の研究活動を通じ、研究計画から成果の取りまとめ・学会発表までの実践的な研究方法を修得させます。またコース共通科目群では、外部専門家による講義・インターンシップ・研究プロジェクト企画など種々のメニューを通じ、研究開発デザイン力を修得させます。
 博士後期糧の科目群では、各学生の研究課題の背景・計画の整理と議論を通じ、自立した研究者としての高度な研究企画・実行力を修得させます。

 

【学修成果の評価方法】

 シラバスに記載されている学習目標を、試験や課題、レポートなどを用いて、その達成度を評価します。

 

カリキュラム・マップ

〇環境・エネルギー工学

このページのトップへ