職員紹介 職員紹介
沖縄科学技術大学院大学(OIST)
事務国際化研修 体験談
OISTにて1年間、語学研修および配属部署での実務研修を受けています。
職場の写真
OISTの光輝く銘版の前で
職場の写真
教員やポスドクとのやりとりなど、英文メールを作成中

業務内容

現在は主にOISTの教員採用に関連した業務のサポートをしています。 採用候補者として面接に招聘する方々のミーティングスケジュールをアレンジするため、 教員や学生・ポスドクとの連絡調整や手配を行ったり、招聘者が実際に来校される際には、 迷路のような建物内をスムーズに移動してスケジュールに支障が出ないよう、 アテンド業務を行ったりしています。

This is my doitall
沖縄での生活、OISTでの日々は、異文化との出会いに溢れて刺激的。この環境を有効に活用し、1つでも多くのことを吸収して視野を広げ、また、語学力を高め大阪大学のグローバル化を支える事務職員となるため、自分自身のキャリアアップを目指します!
タイムスケジュール
6:30起床
8:30大学に到着
8:451日のスケジュール、学内通知等の確認
9:00招聘者来校に伴う準備
9:30招聘者のスケジュールアレンジに伴う日程調整、各種予約、手配
11:00オフィス内ミーティング
12:15ランチ
13:00英会話の授業
14:00来校者の案内、午前中のアレンジの続き、精算書類の申請手続き
17:30終業
職場の写真
オフィス内でのミーティングで情報共有
職場の写真
学内ラウンジにて打ち合わせをすることも
インタビュー
インタビュー
事務国際化研修を希望した理由は?
国際的な環境が整ったOISTでの仕事や働き方に興味がありました。事務職員として働く中で、どのような業務においても英語力の必要性は感じており、OISTでの実務を通して実践的な英語力の習得を目指すことができる本研修に魅力を感じたこと、また、新しい環境に身を置くことで常に刺激を受けながらいろいろなことにチャレンジし、自分自身を成長させたいと思い、本研修を志望しました。
研修中の生活、職員との交流、苦労・やりがいなど
仕事については、これまで経験してきた業務や働き方とは大きく異なるため、作業に時間がかかることや、自分の英語にもどかしさを感じることも多々ありますが、今後のOISTを担う教員採用の一環に携われることにやりがいを感じます。学内ではセミナーやイベントも多く開催されており、毎日が新鮮で、沖縄独特の文化に触れながら驚きと発見の楽しい日々を過ごしています。
今後の目標
教職員や学生の幅広いニーズに対応できるような柔軟な対応力やコミュニケーション力、語学力が身につけられるよう日々努力し、大阪大学のグローバル化に向けて少しでも貢献できるような職員になれるよう成長したいと思います。また、業務の効率化や更なる発展に向け、何ができるかを常に意識しながら働くことを心がけていきたいです。
大阪大学で働きたい方へのメッセージ

大阪大学で働きたい方へ

大阪大学は規模も大きく、大学職員としての仕事は想像以上に多岐にわたります。ともに働く人も多様な経歴や肩書を持っています。それゆえに経験できる業務や、人との関わりにおいては、たくさんのチャンスに溢れており、自分でも想像していなかったような発見や出会いがあるかもしれません。そのようなチャンスを活かしたいと思う皆さん、ぜひ一緒に働きましょう!