職員紹介 職員紹介
夫婦で育児休業制度を取得、
復帰後のある1日をレポート
This is my doitall
育児には『夫婦の協力』と『周囲の理解』が本当に必要です。常に相手を思いやる気持ちを大切にし、感謝しながら、自らのライフスタイルやライフステージに応じた働き方を実現させて行きたいです!!

タイムスケジュール

出勤時の写真

6:00 起床
7:30 出勤
朝は一家そろって出発
夫婦で協力し合って保育所に送ります

就業中の写真

8:30 始業
■井上真也:決算作業および財務諸表の作成を行っています。 また、国立大学法人会計基準に沿った学内会計処理の見直しなども行っています。
■井上美沙子:教職員の方々に支払われる給与の計算を行っています。他にも、社会保険、雇用保険、住民税の手続きや、年末調整、法定調書の作成等も行っています。

退勤時の写真

17:15 終業
残業が無い日は夫婦揃って退勤し、保育所にお迎えに行きます。 今日の出来事など話しあったり、夫婦の貴重な時間です。

お迎え時の写真

17:45 保育所お迎え
楽しそうに遊んでいる姿を見ると「今日も元気でいてくれてありがとう!」という気持ちになります。
18:00 帰宅
ご飯作りは主人がすることも。何でも協力し合います
20:30 入浴、寝かしつけ

インタビュー

インタビュー インタビュー インタビュー インタビュー
ご夫婦で育児休業を取得して良かった点を教えてください。
■井上 真也: 子どもが体調不良になった時には、夫婦二人でいることにより、安心感があり、行動しやすかった事が一番良かった点です。 また、平日に家族全員で出かけることができ、ゆっくりとした環境で子どもをのびのびと遊ばせてあげられることが良かったです。 他にも、夫婦交代でお互いの自由時間を確保でき、リフレッシュすることができました。
■井上 美沙子: 夫婦で育児休業を取得した時期は、長男が2歳、次男が3ヶ月の時でした。まだまだ甘えたい盛りの長男の面倒を主人に見てもらう事が多く、その間に私が次男のお世話をしていました。 家事と育児を分担し、精神的にも体力的にもとても助かりました。 常に頼れる存在が近くにいる事は心強く、余裕を持って育児を楽しめた事はとても良かったと思います。
ご夫婦で育児休業を取得した期間において印象に残ったことを教えてください。
■井上 美沙子: 主人の育児休業初日に、やるべき事、やりたい事を夫婦で話し合いました。育児休業期間の1ヶ月間に、今まで後回しになっていた、保育園の情報収集や見学、保険の見直し、子供達の事、仕事復帰の事、将来の事など、夫婦で考えたり話せたりできる貴重な時間を持つことができました。
■井上 真也: 夫婦ともに仕事から完全に離れることで、育児休業中は気分的に穏やかに過ごすことができたと思います。 1カ月の育児休業期間は、最初は長いと思っていましたが、実際は思った以上に短く感じられました。『幼い我が子』と過ごす時期を、大切に過ごしたいと思った1カ月でした。
育児休業制度を活用した感想を教えてください。
■井上 真也: 男性の育児休業取得者は少数ですので、初めは自分には他人事のように思っていましたが、身近に取得者がいたことをきっかけに取得を決めました。繁忙期と閑散期がはっきりしている部署であることや、周りの方々の支援があったので、安心して育児休業を取得することができました。
現在の日々の生活について教えてください。また、今後の目標についても教えてください。
■井上 美沙子: 勤務終了後は子供のお迎えから寝かしつけまでめまぐるしい毎日です。できるだけ子供と触れ合える時間を多く過ごしたいので、休日に買い物や食事の作り置きなどを済ませ、平日の家事を効率よくできるように努めています。また、仕事においても限られた時間の中で自分の仕事を果たせるよう、仕事に優先順位をつけて効率的に取り組むよう心がけています。 子供の行事や体調不良により仕事をお休みする事が多くありますが、上司や同僚の理解と協力に助けられています。そんな周囲の協力に感謝しながら、恩返しできるように、また役に立てるように、前向きに仕事にも育児にも励んで行きたいと思っています。
大阪大学で働きたい方へのメッセージ

大阪大学で働きたい方へ

大阪大学は育児休業を取得しやすい環境ですので、私たちのように夫婦ともに育児休業を取得することも可能です。
復帰後は短時間勤務や早出遅出勤務、子の看護休暇、子育てに有意義な情報をメールマガジンで受け取ることができるなどの支援制度や学内保育施設が設置されていて、子育てをしながら働ける環境が整っています。家庭生活も充実させながら、仕事もしっかりしていきたい方にとって、とても魅力的な職場だと思います。きっと自分に合った働き方を見つけることができると思うので、一緒に大阪大学でがんばりましょう!