職員紹介 職員紹介

歴史
歴史紹介
医学系研究科経理課外部資金係 時代 (就職1年目)
教員が獲得した外部資金(受託研究費、共同研究費、科研費、補助金など)に関する物品調達、役務契約を行っていました。
大型の役務契約では、資料作りのため教員とのコミュニケーションが必要不可欠であり、研究現場の最前線での支援業務はとてもやりがいがありました。
財務部財務課財務企画係 時代 (就職3年目)
会計規程の整備や、高額な契約の学内審査を行っていました。
大阪大学の会計制度の趣旨を学んだことで、その堅さに疑問を感じていた会計規程にも、内容一つ一つに意味があることを理解できました。
文部科学省研究振興局学術機関課 時代 (就職4年目)
研修について詳しくはこちら >
財務部財務課予算総括係 時代 (就職5年目)
大学が獲得する様々な収入(運営費交付金、学生納付金、雑収入、外部資金など)について、収入額の算出や配分管理などを行っていました。
大学の財政難が最近話題になっていますが、自由に使える収入が限られている中での、予算配分の難しさを実感しました。

現在

財務部資産決算課決算調整係 時代
(就職6年目)

業務内容

「財務諸表」と呼ばれる、大学の財政状態や運営状況を外部の方にお伝えするための書類を作っています。
また、財務諸表の作成に関連して、会計処理の検証、見直し、相談受付なども行っています。

振り返り

大学の活動には必ず「お金」を伴うことから、大学の会計業務について一通り経験を積めたことは、私の大きな強みだと考えています。
この強みを軸としながら、今後も様々な業務にも挑戦し、職員として成長していきたいです。
本部棟

吹田キャンパス 本部棟

This is my doitall
大学の活動基盤は「教育」と「研究」ですが、近年では社会とのつながりの中で、ここから派生した様々な役割が期待されるようになってきています。それに伴い、大学職員に求められる役割も多様化しており、教員が教育・研究のプロだとすると、職員は大学運営のプロとして、教員とともに一丸となって活動していく必要があると考えています。 日常業務だけにとらわれず、大学全体の動き、そして社会全体の動きにも目を配りながら、大学運営のプロを目指して研鑽を積んでいきたいです。
タイムスケジュール
7:00起床
8:00大学に到着、朝食(学生食堂)
8:30始業、メールチェック
9:00会計データの検証
12:15昼食、財務部将棋大会
13:00会計処理の見直しに関する打ち合わせ資料の作成
15:00課内打ち合わせ
16:00問い合わせ対応
17:15終業、夕食(学生食堂)
職場の写真
業務の進め方に悩んだときは、上司や同僚と議論を重ねながら方向性を見出していきます。
職場の写真
決算担当では、大学に関する色んな話題で日々盛り上がっています。
インタビュー
インタビュー
志望動機は?
就職活動中に様々な企業の方と接する中で、母校である大阪大学の教育研究機関としてのレベルの高さを実感しました。
そんな中で、大学という職場環境と、様々なアプローチから世界トップクラスの教育研究機関を支えられる大学職員という仕事に魅力を感じ、志望しました。
職場の雰囲気は?
「財務諸表」の内容は多岐にわたるため、業務の割り振りは予め決めていますが、その内容や進め方に疑問が生じたときは、決算担当全員で知恵を出し合いながら進めています。
業務の性質上、4~5月頃の期末決算時は多忙を極めますが、そんな時期でもみんなにいつでも相談することができ、まさにチームプレイで乗り切っています。
働いてみて驚いたことは?
昼休みに活動している職員が多いことに驚きました。
財務部では定期的に将棋大会を行っていますが、大学という職場環境を活かし、サッカー、テニス、卓球、ランニングといった運動をしている職員も大勢います。
大阪大学で働きたい方へのメッセージ

大阪大学で働きたい方へ

国立大学は、法人化によって自律的・自発的な運営ができるようになりましたが、まだまだ昔の考え方が残っているところがあります。 しかし、世界的な大学間競争など、大学を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中で、新しいことに挑戦できる環境ができつつあります。
好奇心旺盛で色んなことにチャレンジしてみたい方、ぜひお待ちしています。