職員紹介 職員紹介

歴史
歴史紹介

現在

研究推進部研究推進課学術研究推進係 時代
(就職1年目配属)

業務内容

研究推進課では、本学の研究推進に係る様々な業務を行っています。
私の所属する学術研究推進係では、科学研究費助成事業や(独)日本学術振興会特別研究員に関する事務を行っています。また、学術研究推進に係る企画及び立案として、教職員向けの説明会や、若手研究者向けのセミナーなどを開催しています。

振り返り

初めて配属された部署が研究推進課です。
大阪大学には多種多様な事業・業務があり、いずれ私も異動を経験することになると思います。一つ一つの仕事に尽力しつつ、周囲の職員からも、教員や学生からも信頼してもらえるような職員に成長していきたいと思っています。
共創イノベーション棟

吹田キャンパス 共創イノベーション棟

This is my doitall
申請から採択後まで、研究費にかかる手続きは種類も多く、煩雑です。学内通知やマニュアル等を通じてわかりやすく、丁寧に伝えられるように心がけ、無事に教職員の不安や疑問を解消できるとやりがいを感じます。
タイムスケジュール
8:15大学に到着
8:30メールチェック、電話
9:30イベント準備(学内説明会等の準備)、資料作成
11:00午後のミーティングの資料最終確認
12:15昼休み
13:00ミーティング(研究支援部門と学内説明会について、進捗確認)
15:00議事録作成、上司と打ち合わせ
17:15終業
職場の写真
いつでも気軽にいろいろ相談し合える、風通しのよい職場です。
職場の写真
インタビュー
インタビュー
志望動機は?
私はもともと研究者の支援をしたいという思いから、国の資金配分機関で働いていました。学術振興の総本山として、研究者の活動を支える仕事をしているうちに、研究者により近い立場で、できれば一つの大学で研究者の支援に専念したいという思いが徐々に強くなりました。
採用後、思い描いていたとおりの業務に携われていることに、大きな喜びと充実感を感じています。また、前職で培った経験も、現在の業務の助けになっています。
仕事のやりがいは?
大阪大学は非常に規模が大きい大学ですので、毎年研究費の申請や調書の提出時期になると、大量の書類が研究推進課に届きます。また、教員から直接問い合わせを受けることもあります。人員が限られている中でその一つ一つに対応し、すべての書類をチェックする仕事は大変ですが、審査機関へ書類を提出する最後の砦として、緊張感をもって仕事に臨んでいます。
働いてみて驚いたことは?
大阪大学には多くの研究科や研究所があり、また、研究分野も多岐にわたっているため、それを支える職員の業務も幅広いことです。1つの部署で経験したことが、他部署の業務に役立つことも多いと思いますので、目の前の仕事にしっかりと取り組む姿勢が求められています。
大阪大学で働きたい方へのメッセージ

大阪大学で働きたい方へ

大阪大学には多種多様な事業・業務があり、また、様々なバックグラウンドを持った職員が協力しながら仕事をしています。各種研修制度も充実していますし、普段の仕事からも、意識次第で自分が大きく成長できる職場です。
私自身、ここで経験することの一つ一つが自分の糧になっていることを日々実感しています。そのような環境で積極的に業務に取り組むことで、ゆくゆくは大阪大学の発展に寄与できるようになれば、それに勝る喜びはありません。ともに成長していける方をお待ちしています。