職員紹介 職員紹介

歴史
歴史紹介
箕面地区図書館サービス課 時代 (就職1年目配属)
外国学図書館で、貸出・返却のほか、必要な文献や情報に関する相談・取り寄せを担当。外国語学部の25の専攻語やその周辺言語、地域研究に関する資料を収集・所蔵しているだけあって、日々新鮮な出会いがありました。

現在

附属図書館 利用支援課 時代
(就職3年目配属)

業務内容

カウンターでの業務(資料の貸出・返却、利用者の方が探している資料の案内、施設の利用手続きなど)のほか、蔵書の維持管理(蔵書点検、温湿度管理、害虫対策、傷んだ資料の修理・買い替え・廃棄)を担当しています。

振り返り

総合図書館は、最も利用者数や貸出冊数が多い図書館で、行き交う人や本の量に驚かされました。4年目には大阪北部地震が発生し、復旧作業に奔走する傍ら、傷んだ資料の処理も行いました。
総合図書館

豊中キャンパス 総合図書館

This is my doitall
図書館のカウンターには毎日、傷んだ本が届けられます。本はいつか壊れるものではありますが、職員の手で補修することで、皆さんに少しでも長く使ってもらえるよう気を配っています。
タイムスケジュール
8:20大学に到着
8:30閲覧席の清掃・メールチェック
9:00傷んだ資料の確認・問合せへの回答・研究室から返却された資料の整理等
10:45カウンター
13:00昼休み
14:00温湿度チェック(貴重図書室・マイクロ資料室・書庫)
14:15研究室から返却された資料の整理等
17:15終業
職場の写真
図書館の総合案内として、様々な問合せに対応します
職場の写真
様々な道具を使って本を修理します
インタビュー
インタビュー
志望動機は?
大学図書館は日々の学習や研究、進路に役立つ情報を提供しています。大阪大学は総合大学として、幅広い分野で社会に貢献しています。必要な資料を届けることで、一人でも多くの方の役に立ちたいと考え、志望しました。
仕事のやりがいは?
図書館のカウンターには毎日、傷んだ本が届けられます。ページが外れてしまったり、表紙が取れてしまったり…。本はいつか壊れるものではありますが、保管環境を整えたり、職員の手で修理をしたり、場合によっては新しく購入することで、皆さんに少しでも長く使ってもらえるよう気を配っています。
働いてみて驚いたことは?
キャンパス内の自然の豊かさには驚きました。
図書館の周りにも桜やイチョウ並木があり、出勤時や仕事の合間に四季の移り変わりを感じることができます。総合図書館A棟5階は満開の桜を上から一望することができるおすすめスポットです。
大阪大学で働きたい方へのメッセージ

大阪大学で働きたい方へ

図書館での仕事はさまざまで、扱う資料も多岐にわたりますが、何かあれば周りの方に相談しやすい職場です。大変なこと、苦しいこともあるかと思いますが、目標に向かって頑張ってください。