職員紹介 職員紹介

歴史
歴史紹介
医学部附属病院医事課医事係 時代 (就職1年目)
主に課内の庶務的業務を担当しました。また、病院ならではの業務として外来診察の予約スケジュール管理、先進医療に係る委員会を担当していました。医療専門用語を理解するのに苦労したことを覚えています。
医学部附属病院経営企画調整室 時代 (就職2年目)
法人化に伴い新たに組織された室に配属となり、主に病院の資産(薬品等)を把握する棚卸業務の立上げを担当しました。院内のあらゆる部署(病棟、手術室等)に出入することで、病院の内部を知る貴重な経験ができました。
医学部附属病院管理課経営企画係 時代 (就職4年目)
主として病院の経営分析を担当しました。分析にあたって、データ処理、統計手法を勉強し、診療情報管理士という病院固有の資格を取得し業務に活かすことで長く当該係に在籍させてもらい、病院の理解が一層深まりました。

現在

医学部附属病院再開発企画整備室企画係長 時代
(就職11年目)

業務内容

病院の再開発を検討するために新たに組織された室に係長として配属になり、主として、再開発の基本計画(運営計画)と資金計画を担当しています。病院の再開発事業は、何十年に一度のビックプロジェクトです。このようなプロジェクトに携われるやりがいと責任を感じながら日々業務にあたっています。

振り返り

採用から今日までずっと病院で勤務をしています。その中で感じたことは、阪大病院は教育、診療、研究いずれをとっても日本一であることです。より病院のことを知りたい、より病院を発展させていきたいという思いが強くなりました。事務職員という意識ではなく、自分も「医療人」の一員であるという意識のもと、今後も病院業務に携わることで更なる病院の発展に寄与できるよう尽力していきたいです。
医学部/医学系研究科 共通棟

吹田キャンパス 医学部/医学系研究科 共通棟

This is my doitall
病院再開発というビックプロジェクト。
やりがいと責任を胸に抱き、周りの様々な人に支えられながら、日々勉強、日々熟慮、日々研鑽、日々想像。
全ては新しい病院創りのために。
タイムスケジュール
7:00起床
8:15大学に到着
8:301日のスケジュール・メール・回覧文書等チェック、前日の業務を振り返り1日の業務の進め方を計画
9:00会議資料等の作成
10:00再開発関連会議・打ち合わせ
12:15昼休み
13:00会議資料等の作成
14:00現場スタッフと打ち合わせ
16:00会議資料等の作成
17:00翌日の業務内容を確認、計画
17:15終業
職場の写真
病院再開発事業に関する資料の作成、分析、確認。これを基に事業が進みます。
職場の写真
ビッグプロジェクトを進めるためには、係内で日々の情報共有、意見交換が大切です。
インタビュー
インタビュー
志望動機は?
私は大阪で生まれ大阪で育ちました。大学といえば「阪大」、病院といえば「阪大病院」と常に聞こえてきていました。それは大阪大学が地域に生きているからだと感じ、地域貢献ができる職場で働きたいと思い志望しました。
仕事のやりがいは?
病院では、医師、看護師、薬剤師、医療技術職員(検査技師、放射線技師等)等、非常に多くの職種の方が働いています。各職種の意見を集約して、病院の運営を進めていくことは大変なことですが、これまでに自分の企画、意見等が直接病院の運営に反映されたこともあり、その際に大きなやりがいと使命感を感じました。
働いてみて驚いたことは?
採用されてから病院に配属となり、大学の事務職として病院の事務があることにまず驚きました。病院で勤務していく中で、阪大病院の規模、スタッフの多さにも驚かされました。今でも最先端の医療(移植医療、ロボット手術等)、新しい医療技術開発(再生医療、ゲノム医療等)等、阪大病院を知れば知るほど驚かされる毎日です。
大阪大学で働きたい方へのメッセージ

大阪大学で働きたい方へ

病院では、医師、看護師、薬剤師、医療技術職員等、非常に多くの職種の方が働いています。このような方々と一緒になって病院の発展、地域貢献に寄与できることは大変光栄なことです。阪大病院に興味がある方、使命感のある方をお待ちしています。