○大阪大学アーカイブズ規程

(設置)

第1条 大阪大学(以下「本学」という。)に、大阪大学アーカイブズ(以下「アーカイブズ」という。)を置く。

(目的)

第2条 アーカイブズは、公文書等の管理に関する法律(平成21年法律第66号。以下「法」という。)に基づく特定歴史公文書等及び本学の歴史に関する資料の適切な管理を行い、本学の教職員及び学生並びに一般の利用に供することにより、本学の円滑な管理運営に資するとともに、教育、研究及び社会貢献に寄与することを目的とする。

(業務)

第3条 アーカイブズは、前条の目的を達成するため、次の各号に掲げる業務を行う。

(1) 法に基づく特定歴史公文書等の整理、保存、公開及び調査研究

(2) 法に基づく歴史公文書等の保管、評価選別、移管及び調査研究

(3) 本学の歴史に関する資料の収集、整理、保存、公開及び調査研究

(4) 前3号に掲げるもののほか、前条の目的を達成するために必要な業務

(部門)

第4条 前条各号の業務を行うため、アーカイブズに次の部門を置く。

法人文書資料部門

大学史資料部門

(職員)

第5条 アーカイブズに、次の各号に掲げる職員を置く。

(1) 室長

(2) 兼任教員

(3) その他必要な職員

(室長)

第6条 室長は、本学の専任教授のうちから総長が指名する者をもって充てる。

2 室長は、アーカイブズの業務を総括する。

3 室長の任期は、2年とし、再任を妨げない。

(運営委員会)

第7条 アーカイブズに、アーカイブズの円滑な運営を図るため、アーカイブズ運営委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会は、次の各号に掲げる委員をもって組織する。

(1) 室長

(2) アーカイブズの兼任教員のうちから室長が指名した者4名

(3) 総合学術博物館から選ばれた教授又は准教授1名

(4) 総務部長

(5) 附属図書館事務部長

(6) その他委員会が必要と認めた者

3 前項第3号及び第6号の委員の任期は、2年とし、再任を妨げない。

4 委員会に委員長を置き、第2項第1号の委員をもって充てる。

5 委員長は、委員会を主宰する。

6 委員長に支障のあるときは、あらかじめ委員長の指名する委員がその職務を代行する。

(委員会の議事等)

第8条 委員会は、委員の過半数の出席をもって成立するものとする。

2 委員会の議事は、出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

3 委員会が必要と認めたときは、委員以外の者を委員会に出席させることができる。

4 前条及びこの条に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、別に定める。

(事務)

第9条 アーカイブズに関する事務は、総務部総務課文書管理室で行う。

(雑則)

第10条 この規程に定めるもののほか、アーカイブズに関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程は、平成24年10月1日から施行する。

附 則

この改正は、平成25年4月1日から施行する。

附 則

この改正は、平成28年4月1日から施行する。

附 則

この改正は、平成29年8月26日から施行する。

大阪大学アーカイブズ規程

平成24年9月19日 第1編第2章3 その他

(平成29年8月26日施行)

体系情報
第1編 全  学(法人及び大学)/第2章 管理運営/3 その他
沿革情報
平成24年9月19日 第1編第2章3 その他
平成25年3月19日 種別なし
平成28年3月30日 種別なし
平成29年8月25日 種別なし