○大阪大学微生物病研究所附属感染動物実験施設規程

第1条 大阪大学微生物病研究所附属感染動物実験施設(以下「実験施設」という。)は、感染、発癌その他の研究に必要な動物実験を行うことを目的とする。

第2条 実験施設に施設長を置き、微生物病研究所教授又は准教授をもって充てる。

2 施設長の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

第3条 実験施設の円滑な運営を図るため、運営委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会に関する規程は、別に定める。

第4条 実験施設に関する事務は、微生物病研究所事務部で行う。

第5条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、委員会の議を経て決定する。

附 則

この規程は、昭和42年10月25日から施行し、昭和42年6月1日から適用する。

附 則

この改正は、昭和62年2月12日から施行する。

附 則

この改正は、平成2年5月17日から施行する。

附 則

この改正は、平成19年4月1日から施行する。

大阪大学微生物病研究所附属感染動物実験施設規程

 第3編第1章 微生物病研究所

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 附置研究所/第1章 微生物病研究所
沿革情報
第3編第1章 微生物病研究所
平成19年3月9日 種別なし