国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

研究・産学連携

1.利益相反マネジメントの趣旨

 産学官連携が進むと,技術移転の推進や兼業の規制緩和等により民間企業と大学・教職員等との関係について,利益相反(教職員等が産学官連携活動に伴って得る利益と教育・研究という大学における責任が衝突・相反している状況をいう。)が生じることは不可避です。利益相反に絶対的基準はなく,社会的にどう映るかが問題であり,社会に対しての説明責任や透明性が必要です。

 利益相反マネジメントは産学官連携活動を進めている教職員等を支え,その能力が最大限に発揮できるような環境を作り,大学自らのインテグリティ(社会的信頼)を確保しつつ,社会への説明責任を十分に果たすことにより,産学官連携の推進に伴う懸念を払拭していくことを目的とします。

 そこで,大阪大学では大阪大学利益相反ポリシー利益相反管理規程を定め,教職員等の利益相反を適切に管理し,教職員等の不利益の防止を図ることを目的として,利益相反マネジメントを実施します。

研究

このページのトップへ