国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

研究・産学連携

他大学・研究所
共同利用
外部資金等公募情報

放射線災害・医科学研究拠点 平成31年度 共同利用・共同研究の募集

2018年11月1日 (木) から 2018年12月17日 (月) まで

「放射線災害・医科学研究拠点」は、放射線研究及び関連諸科学の共同研究を推進するため、広島大学原爆放射線医科学研究所、長崎大学原爆後障害医療研究所及び福島県立医科大学ふくしま国際医療科学センターの3拠点機関が共同して以下の通り研究課題を公募します。

〇研究課題種目

(1) 福島原発事故対応プロジェクト課題
①低線量・低線量率放射線の影響に関する研究
②内部被ばくの診断・治療法の開発
③放射線防護剤の開発研究
④放射線災害におけるリスクコミュニケーションのあり方等に関する研究

(2) 重点プロジェクト課題
①ゲノム損傷修復の分子機構に関する研究
②放射線発がん機構とがん治療開発に関する研究
③放射線災害医療開発の基礎的研究
④被ばく医療の改善に向けた再生医学的基礎研究
⑤放射線災害における健康影響と健康リスク評価研究
⑥RIの医療への応用

(3) 自由研究課題
放射線災害・医科学研究の総合的発展を目指し、本拠点の施設・設備や資・試料を利用して、応募者の自由な発意に基づき行われる共同研究

公募期間
2018年11月1日 (木) から 2018年12月17日 (月) まで
公募元名称

放射線災害・医科学研究拠点(広島大学・長崎大学・福島県立医科大学共同)

https://home.hiroshima-u.ac.jp/housai/index.html

分野

医歯薬生命系/その他

放射線研究及び関連諸科学の共同研究

カテゴリー

共同利用・研究課題

助成(賞)金の金額(総額)
予算の範囲内で共同研究費を配分(旅費を含む)※自由研究課題は配分の審査対象とはならない。
部局確認
必要
備考

◆応募資格:2019年4月1日の時点で、大学・研究機関の研究者、大学院生又はこれらに相当する方(見込みを含む。)

◆申請時注意点:

・部局長の承諾要。

・事前に本ネットワーク型拠点の受入研究者(教授、准教授、講師及び助教)と打合せ要。

※詳しくは各研究機関HPをご確認ください。

〇放射線災害・医科学研究拠点

http://home.hiroshima-u.ac.jp/housai/solicitation.html#download

〇広島大学原爆放射線医学研究所

https://www.hiroshima-u.ac.jp/rbm

・長崎大学原爆後障害医療研究所

http://www-sdc.med.nagasaki-u.ac.jp/index-sjis.html

・福島県立医科大学ふくしま国際医療科学センター

http://www.fmu.ac.jp/fgmsc/partnership

(本件掲載担当:研究推進課学術研究推進係)

(注1)部局確認が「必要」となっている場合は・・・

所属部局の担当者に応募予定であることを連絡し、必要な手続きを確認してください。
ただし、医学系研究科に所属している方は、部局確認が「必要」となっていなくても、応募を予定している場合は必ず担当係(総務課企画係)へ問い合わせてください。

(注2)総長(学長)推薦が必要な申請書類については・・・

公印押印箇所以外の総長(学長)名等を含む必要箇所を全て記載し、所属部局の担当者経由で申請してください。

このページのトップへ