国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

研究・産学連携

他大学・研究所
共同利用
外部資金等公募情報

京都大学生存圏研究所 MUレーダー/赤道大気レーダー全国国際共同利用研究の公募

2017年9月15日 (金) 締切

【信楽MU観測所・赤道大気観測所共同利用研究課題】【MUレーダー・赤道大気レーダー観測データベース共同利用研究課題】の募集です。 

MUレーダーは、滋賀県甲賀市信楽町に位置する中層・超高層及び下層大気観測用VHF帯大型レーダーで、「世界初のアクティブ・フェーズド・アレイ方式の大気レーダー」としてIEEEマイルストーンにも認定されています。
本共同利用は、信楽MU観測所及び赤道大気観測所におけるMUレーダー・EARをはじめとする各種装置を用いた観測的研究、及びそれらの観測データベースを用いた研究をより活発化させることを目的としています。
 
本共同利用は以下の3つの形態にに分類されます。
●MUレーダー・EAR及び関連装置による観測
●信楽MU観測所・ 赤道大気観測所の利用
●観測データベースの利用

公募期間
2017年9月15日 (金) 締切
公募元名称

京都大学生存圏研究所

http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/mu+ear/collaborative.html

分野

理工系

レーダー観測

カテゴリー

共同利用・研究課題

助成(賞)金の金額(総額)
MUレーダー・EAR、その他の関連設備の共同利用に対する運転費用は基本的に研究所が負担(優先的に利用する場合には、利用者が一部負担する場合有)日本国内から信楽MU観測所への来所旅費、日本及びインドネシア国内から赤道大気観測所への渡航旅費を予算の範囲内でサポート。
部局確認
必要
備考

◆応募資格

学術研究を目的とする国内外の研究機関に所属し、研究所長が適当と認める者。

※ただし、利用責任者は常勤職員に限ります。

所属する研究科の事務を通じて公募元に提出して下さい。

◆利用期間と申請期限

・利用期間:平成29年12月1日~平成30年5月31日

・申請期限:平成29年9月15日(金)厳守

◆注意点

・採択後、学部長の承諾書の提出要。

※詳細は、公募元HPをご参照ください。

(本件掲載担当:研究推進課 学術研究推進係)

(注1)部局確認が「必要」となっている場合は・・・

所属部局の担当者に応募予定であることを連絡し、必要な手続きを確認してください。
ただし、医学系研究科に所属している方は、部局確認が「必要」となっていなくても、応募を予定している場合は必ず担当係(総務課企画係)へ問い合わせてください。

(注2)総長(学長)推薦が必要な申請書類については・・・

公印押印箇所以外の総長(学長)名等を含む必要箇所を全て記載し、所属部局の担当者経由で申請してください。

このページのトップへ