国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

研究・産学連携

財団法人
研究助成
外部資金等公募情報

(公財)旭硝子財団 平成29年度 人文・社会科学系「研究奨励」

2017年7月31日 (月) から 2017年9月22日 (金) まで

人類が真の豊かさを享受できる社会および文明の創造に寄与することを目的とし、次世代社会の基盤を構築するような独創的な研究に対して助成を行います。

人文・社会科学系の「研究奨励」プログラムでは、若手研究者による実態調査・事例研究・実証研究・政策提案・モデル提示など、現実社会に具体的な貢献を目指した研究を支援するとともに、助成期間終了後には継続型グラントへの応募機会を提供します。

<助成対象研究>
持続可能な社会の実現に向けた人文・社会科学的な研究

<助成テーマ>
a.環境と両立する経済社会の形成に関する研究
b.環境汚染・自然破壊・自然災害などが人間社会にもたらす諸問題に関する研究
c.持続可能なコミュニティ形成や国際協力に関する研究
d.持続可能な社会を担うアクター(市民・NPO/NGO・企業・自治体等)に関する研究
e.人口減少社会のビジョン構築に関する研究
f.社会的平等を実現するシステム・政策に関する研究
g.その他、持続可能な社会の実現に向けて、申請者が上記の諸テーマにとらわれずに提案する研究

公募期間
2017年7月31日 (月) から 2017年9月22日 (金) まで
公募元名称

公益財団法人 旭硝子財団

http://www.af-info.or.jp/

分野

人文社会系/その他

人文・社会科学

カテゴリー

研究助成

助成(賞)金の金額(総額)
上限100万円/件
部局確認
必要
備考

申請時注意点:部局長の承認要。所属する研究科の事務を通じて財団に提出してください。

応募資格: ◆1972年1月1日以降出生まれであること。

◆国内の大学と附置研究所、大学共同利用機関、高等専門学校に所属し、主体的に研究を進めている原則常勤の研究者。(但し大学附属病院専従の方は対象外)

 ※任期付研究者の場合は、応募時点において、申請する研究期間のうち、少なくとも初年度の雇用が見込まれること。また、職務専念義務上、外部研究費の受給にかかわる制約がないこと。

◆応募時点で旭硝子財団からの研究助成を受けていないこと、ならびに同財団に対して同一年度に複数の応募申請をしていないこと 。

※詳細は財団HPをご参照ください。

(本件掲載担当:研究推進課学術研究推進係)

(注1)部局確認が「必要」となっている場合は・・・

所属部局の担当者に応募予定であることを連絡し、必要な手続きを確認してください。
ただし、医学系研究科に所属している方は、部局確認が「必要」となっていなくても、応募を予定している場合は必ず担当係(総務課企画係)へ問い合わせてください。

(注2)総長(学長)推薦が必要な申請書類については・・・

公印押印箇所以外の総長(学長)名等を含む必要箇所を全て記載し、所属部局の担当者経由で申請してください。

このページのトップへ