国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

研究・産学連携

他大学・研究所
共同利用/その他
外部資金等公募情報

自然科学研究機構 平成24年度分子科学研究所共同利用研究(前期)の公募

2011年12月16日 (金) 締切

以下の(A)から(H)についての公募です。
(A)課題研究
数名の研究者により特定の課題について行われる研究。
(B)協力研究
所内の教授又は准教授と協力して行われる研究。(原則1対1)
(C)研究会
特定のテーマについて2日間ほどで20~40人程度で集中的に議論する研究会。
(D)若手研究会等
所内外の院生が主体的に企画する分子科学に関連する研究会等。
(E)分子科学国際研究集会(岡崎コンファレンス)
通常の国際会議等で行われる研究発表ではなく、将来展望、研究の新展開の議論を主旨とする小規模な研究集会。
(F)UVSOR施設利用
極端紫外光研究施設の観測システムを使用した研究。
(G)機器センター施設利用
機器センターに設置された機器の個別的利用。
(H)装置開発室施設利用
装置開発室に設置された機器の個別的利用。

公募期間
2011年12月16日 (金) 締切
公募元名称

大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 分子科学研究所

http://www.ims.ac.jp/use/24zenki/index.html

分野

理工系

分子科学

カテゴリー

共同利用・研究課題/その他

研究会等、施設利用

助成(賞)金の金額(総額)
公募事項により異なる
部局確認
必要
備考

※申込資格:大学及び国・公立研究所等の研究機関の研究者又は所長がこれと同等の研究能力を有すると認められた者。
※申請にあたり、分子科学研究所内の教授又は准教授、担当者と事前打合せが必要です。
※申込期限:
(A)~(G)【平成24年12月16日(金)必着】
(H)【随時】
※重複申請の制限:
(A)(B)(F)(G)並びに電子計算機施設利用において、互いに類似の研究課題の重複申請は不可。

(注1)部局確認が「必要」となっている場合は・・・

所属部局の担当者に応募予定であることを連絡し、必要な手続きを確認してください。
ただし、医学系研究科に所属している方は、部局確認が「必要」となっていなくても、応募を予定している場合は必ず担当係(総務課企画係)へ問い合わせてください。

(注2)総長(学長)推薦が必要な申請書類については・・・

公印押印箇所以外の総長(学長)名等を含む必要箇所を全て記載し、所属部局の担当者経由で申請してください。

このページのトップへ