国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

特色ある活動

物事の本質を見極める研究を推進しています

大阪大学未来戦略機構

研究大学強化促進事業

大阪大学は、研究の更なる国際化と若手教員の育成を進めるとともに、女性・外国人教員を増やすなど学問の発展の源である多様性を高めます。 また、総長のリーダーシップのもと、研究費と教員ポスト(もの)の重点配分を行い、URA等の知恵とアイデア(こと)による研究者支援で、世界から人が集まる魅力的な研究環境を実現し、国内屈指の研究力をさらに伸ばします。

「ときめき」研究プログラム

阪大独自の制度として、本学の次世代を担う若手研究者の支援を行っています。

CLIC(イノベーション創出若手研究人材養成プログラム)に取り組んでいます

本学では、このプログラムを全国的なモデルとするべく中期計画の中に位置づけ、総長を統括責任者として全学を挙げて取り組んでいます。産と学が協働しながら実践の場において人材を養成するシステムを構築しています。イノベーション創出の中核となる若手研究人材に、国際的な幅広い視野や産業界などの実社会のニーズを踏まえた創造的な成果を生み出す能力を身に付けてもらうことを目的としています。

もったいないプロジェクト(科学教育機器リノベーションセンター)

科学教育機器リノベーションセンターでは、平成19年度より、汎用性、有用性のある古くなった高額の実験装置を学内経費で修理またはグレードアップして再生復活し、リユース機器登録後は稼働時間の一部を全学での共同利用に割り当てています。平成24年8月現在、76機種がリユース機器として登録されています。平成23年度の年間の部局間利用件数は329件、部局内利用件数は13,334件となりました。また、平成20年度より概算要求で認められた革新的研究教育基盤機器開発事業は大阪大学の研究・開発力を生かした手作りの高性能汎用機器を開発し、学内外の研究者の共同利用に供するもので、近々共同利用が開始されます。

このページのトップへ