特色ある活動

大阪大学テクノアライアンス棟を供用開始しました

 本学では、Industry on Campus を基本とした 先進的な産学連携活動の拠点を目指し、研究者の交流スペースを備えたラボ施設を吹田キャンパス中心部に建設し、平成23年6月より供用開始しました。

 フロアは約500平方メートルずつのブロックに分かれた構成の研究・実験エリアが3F~9Fまであり、間仕切りによりフレキシブルに分割可能です。
 高度な教育・研究環境を利用した戦略的研究の継続と人材育成、キャンパス内での密接な産学連携を推進するため、共同研究講座や協働研究所、協働ユニットも含めた運用・構築を目指します。

 

 入居に関する情報についてはこちらをご覧ください。

このページのトップへ