国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

特色ある活動

ハンダイ×GLHS特別企画「ハンダイ Talk LIVE ―先輩の話を聞きに行こう!―」を開催しました

平成25年10月20日(日)及び10月27日(日)に、大阪大学会館において、「ハンダイ Talk LIVE」を開催しました。
(主催:大阪大学、共催:大阪府進学指導特色校(Global Leaders High School))

「ハンダイ Talk LIVE」は、大阪大学への進学を検討しているGLHS10校の生徒のみなさんに向け、GLHSを卒業した先輩学生や教職員たちが、“ハンダイの良さ、楽しさ”、“大学での学びは何か”といった内容について、直接的な対話を通して伝えることで、「大阪大学で学びたい!」という熱意を引き出すことを期待し、10月20日(日)には、理系(理学部、医学部、歯学部、薬学部、工学部、基礎工学部)進学希望者を対象に、10月27日(日)には、文系(文学部、人間科学部、外国語学部、法学部、経済学部)進学希望者を対象に、それぞれ実施しました。

当日は、GLHS出身教員による特別授業の後、現役の阪大生(GLHS出身者を含む)によるパネルディスカッション及び個別相談を行いました。

特別授業は、理系進学希望者対象回では、北野高校出身の倉光成紀教授(理学研究科)から、「謎に満ちあふれた生命の世界 サイエンスの総力を挙げて解明しよう!」と題して、未だ多くの謎に包まれ、解き明かすことができればノーベル賞も夢ではない遺伝子機能の解明にチャレンジできることの楽しさなどについて講義しました。
また、文系進学希望者対象回では、天王寺高校出身の村田路人教授(文学研究科)から、「教科書には載ってない!江戸時代の町人の役割」と題して、江戸時代における農民支配のシステムが、実は一般的なイメージとは異なっていたことから「新たな視点からものごとを見ること」の重要性などについて講義しました。
授業を聞かれた生徒のみなさんは、真剣な面持ちで受講され、大学での学びの楽しさ、そしてその難しさを実感されていました。

TALKLIVE_1TALKLIVE_2

続いて行われたパネルディスカッションでは、GLHS出身者を含む現役の学部学生が登場し、彼らの後輩たちに向け、大学受験について、いつから、どれくらいの時間をかけて取組んだか、また、どのように苦手科目を克服していったかなどを、彼らの実体験を踏まえアドバイスを送ったほか、阪大生になってから大阪大学の印象や生活環境がどう変化したか、また、今後どんなことにチャレンジしたいかなどについて語りました。

その後の質疑応答では、部活と勉強の両立方法や、勉強に集中するための秘訣など、自分たちと歳の近い先輩からの貴重なアドバイスを求める質問がたくさん飛びだしていました。

TALKLIVE_3TALKLIVE_4

この後、アセンブリーホールで行われた個別相談にも生徒のみなさんが多数訪れ、パネルディスカッションでは質問しきれなかった疑問や悩みごとなどについて、先輩に相談をもちかける姿が見られました。

TALKLIVE_5

大阪大学では、次世代のリーダーとなるグローバル人材の育成等のため、今後もこのような取組みを積極的に行うこととしています。

(入試課、経営企画課プロジェクトマネジメント・チーム)

このページのトップへ