国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

特別企画-ガンバ大阪と阪大の連携強化

ピッチと客席 目と鼻の先新スタジアム かつてない迫力に

4万人収容の新スタジアムは、大阪モノレールの万博記念公園駅から徒歩約15分。隣接地には、今秋開業予定の大型複合施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」がある。四條さんと笹田さんが訪れた日は、外観はほぼ完成し内部も仕上げ段階。スタジアム内に案内された2人は「すごい」と感嘆の声を上げた。

「建設費140億円のうち法人と個人の寄付が約105億円、残りは助成金で賄いました。観客席はタッチラインから7メートル、ゴール裏から10メートル。FIFA(国際サッカー連盟)の基準で『これ以上は無理』というところまで近づけた。国内のどのスタジアムよりも近い」と話す野呂輝久社長。笹田さんは「ピッチの目と鼻の先に客席があって驚いた」と興奮気味。観客席の高さも1.5メートル。欧州では高さが約3メートル、ピッチとの間に溝があったりするがこの新スタジアムではかつてない迫力満点の試合観戦ができる。さらにソーラーパネルなど最先端技術も取り込まれている。

「地域の健康ステーション」にも

新スタジアムは、完成後、吹田市に寄贈され、ガンバ大阪が指定管理者として運営する。野呂社長は「新スタジアムのコンセプトはJリーグや国際試合の開催、地域のスポーツ・防災の拠点であることに加え、健康です」と話す。「万博公園の外周道路をジョギングしている人が多いように、健康への関心は高い。新スタジアムにはトイレもシャワーもあるので、試合のない日は開放できます。さらに阪大病院を含む近辺の医療機関の支援を得て、市民の診療もできないかと考えています。いわば地域の健康ステーションです」と構想は膨らむ。大阪大学はすでに、スタッフやサポーター・ファンへの熱中症対策やアカデミー選手への歯のケアなど医学・歯学面で協力しているほか、映像の情報・通信環境など様々な分野で支えている。

学生たちにも「どんどん試合を見に来て」と呼びかける野呂社長。「キャンパスの一部だと思ってもらえたら。キャンパスの端っこに行ったら本物のスタジアムがあるみたいにね」と笑った。


株式会社ガンバ大阪(大阪府吹田市千里万博公園3の3)

1993年のJリーグ開幕時より加盟。2005年に初めてJ1リーグ優勝を果たし、08年にはアジアチャンピオンズリーグ(ACL)制覇、14年には国内3冠(J1リーグ、天皇杯、ナビスコカップ)を達成した。日本代表選手も多く輩出するJリーグを代表する強豪クラブ。

最新情報

このページのトップへ