国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

NL73号から教育・研究トピックス

「新たな社会調査」で若者の心に迫る

吉川徹教授を代表とする研究グループは、2015年、メディアなどによる世論調査とは異なる特性を持つ大規模な学術社会調査・SSP調査(Stratification and Social Psychology/階層と社会意識全国調査)を実施。蓄積された過去のデータと比較することで、これからの日本社会を構成する若年層の「社会の心」の変容の兆しを明らかにした。

ものづくりの流れを学ぶ「実学主義」

大阪大学の高度副プログラム「実学主義」は、企業と大学が協働する実践型教育プログラム。大学院で学ぶ理論が、社会の現場でどのように活用され、そのために今後、何をどう追究していく必要があるのか、実践を通じ体感的に理解することが目的。受講生は、企業が派遣した講師による講義を受け、企業のリアルな“現場”を見学して各部署の担当者から直接話を聞いて学ぶ。今年度ものべ約50名の大学院生が受講している。

このページのトップへ