国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

NL74号から教育・研究トピックス

世界中が注目 ノーベル賞受賞の「オートファジー」

胞がたんぱく質を分解し再利用する「オートファジー(自食作用)」。 2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典・東京工業大学栄誉教授と共にこの分野の第一人者と評される吉森保教授は、哺乳類のオートファジーの役割を明らかにし、さまざまな病気との関連を研究している。 大隅教授への思いやオートファジーの「これから」を語ってもらった。

ゲリラ豪雨の予測を可能に-高速・高分解能気象レーダを研究開発

2016年度大阪科学賞を受賞した牛尾知雄准教授。受賞理由は「フェーズドアレイ気象レーダの研究開発」。ゲリラ豪雨などの予測手法の研究開発などに活用しており、今は次世代型レーダの研究に取り組んでいる。

キャリア支援制度「学生に生涯を通じて活躍してほしい!」

大阪大学では学生が生涯を通じて活躍できるよう、キャリア支援に注力している。その中心的役割を担う組織が、キャンパスライフ支援センターのキャリア支援ユニットだ。同ユニットは、進路相談や就職イベント開催などで、学生の就活やキャリア形成をサポートしている。なかでも、進路の決まった先輩学生が後輩学生を支援する「大阪大学キャリアサポーター制度」は大きな広がりを見せている。この特徴ある制度を立ち上げた家島明彦講師にその目的や意義を、現役&OGキャリアサポーターの2人に、活動内容や自身の成長などについて聞いた。

最新情報

このページのトップへ