国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

岩田松雄さん(リーダーシップコンサルティング 代表)

経済より経営がおもしろいと直感

岩田さんの生まれは大阪市内。それも梅田の中心地だ。「野球がやりたくて北野高校に。大学も、家から近い阪大しか考えていなかった」。経済学部に進んだが、専門課程の初回の授業で経済学に違和感を持った。「『経済原論』で、経済学は、人間は合理性を持つことが大前提と教わったのです。直感的に『おかしい』と思いました。そんな人間はいませんから(笑)」。後になって、確率論などを導入することで、経済学も現実的な人間の行動を扱えるということを知ったが、「合理性や数字ばかりの経済学より、人を対象とする経営学の方がおもしろい」と感じるようになった。

「多士済々」だった北野ゼミ

 ゼミの担当教員は、経営学の北野利信先生。他大学から着任したばかりで、「ゼミ生は自分を含め、『あぶれもん』ばかりだった」という。それが良かった。伝統的な「まじめな阪大生」の型にはまらない、ユニークな人間が集まっていた。ゼミは原書の輪読が中心で難しかったが、先生はいつも論理的にいろいろな見方をする人だと思った。口ぐせが「要するに…」。物事の本質を分かりやすく説明してくださった。そんな先生でも、自分が知らないことに関しては、とことんまで学生にも意見を聞く。その謙虚さも尊敬した。

「『東大でも教えたことがあるが、ほとんどの学生のレベルは君たちと変わらないよ』と言っておられた。野球少年だった私という人間も100%認めてくれる先生でした」。心の通った師弟の交流は、今でも続く。

当時、「日本的経営」論をめぐる本が流行。そんな本も、研究室の棚から借りて読んだ。縦社会、ムラ社会といわれる日本企業。日本の歴史的な文化論とも関係して、人をどうリードするか、マネジメントするかが論じられていて、興味をもった。これが、今の活動にも結び付いている。

課外活動では野球部に所属し、投手として活躍。同期には強豪高校出身の逸材が多く、チームは近畿リーグの一部に所属していた。1年次に膝を痛め1年以上リハビリ生活をしたが、「3年の秋季リーグ最終戦に、チームメートに初登板のお膳立てをしてもらった。9回を投げきり、勝利投手になったことが忘れられない」

人との出会いが自分をつくる

岩田さんは「人」との出会いを大事にする。数多くの企業から内定を受けた中で、日産自動車への就職を決めた決定的要因も「人」。

10月1日の内定式直前まで、日産に行くか、大手商社に行くか、都市銀行に行くか考えあぐねていた。まさに9月30日、日産の先輩と話をする機会があった。積極的に入社を説得されるわけでもなく、日産マンとして活躍する体験談を嬉々と話す先輩の姿に憧れ、「こんな人になりたい」と思って入社を決意した。

日産では、販売会社にも出向し、新車セールスも担当した。「社長賞」を取ると決め、地道な活動をして独自に販売ノウハウも身に着けた。その結果、歴代出向者の販売台数記録を作るほどの成績を上げた。全スタッフの前で、出向先の社長(後の日産自動車の常務)から、「岩田は、この期間に2万枚の名刺を配った。誰よりも一番努力した」と褒められた。プロセスまでしっかり見てもらっていたこと、その気配りがとてもうれしかった。

追い込まれて気づくこともある

その後も真面目に勤めたが、次第に力をもてあますようになった。そんな中で、社内留学制度を知った。米国のビジネススクールに2年間、費用は全額会社がもってくれる。苦手だった英語を必死の努力で克服し、30倍の社内選考を突破する。「TOEIC300点台の成績から、猛勉強で最終的には900点台まで行きました。あまりの上昇ぶりに人事部からカンニング疑惑もむけられました(笑)」

しかし、そこから留学までの道のりが凄まじかった。留学に向けてすべきことが山積しているのに、仕事が忙しく、勉強の時間がない。そのプレッシャーから、眠れず、食べられず、半ばノイローゼ状態に陥った。「マンションの前に花が咲いてるの、あなた知ってる?」という妻のひと言によって、自分が今立たされている状況を実感できた。「今でも、妻のあの一言には感謝しています。『今、自分は病的な状況なんだ』と気づくことで、自分を客観的に見ることができました」。その後、小規模なビジネススクール予備校で夏季講習を受け、社外に話せる仲間ができた。校長先生も真の教育者だった。人間関係の中で人として破綻しかけたが、結局人に救われた。

「理」よりも「情」を大切にしたい

カリフォルニア大学LA校(UCLA)のビジネススクールで、経営者に必要な知識を2年間学んだが、米国流のすべて損得だけを考える講義に、飢餓感と疑問を感じた経営に「理」だけでなく「情」の部分も必要だという思いを抱え「休暇期間中は論語老子陽明学安岡正篤など東洋哲学の本を読みあさりました」。この時期に吸収したものがその後ザ・ボディショップ、スターバックスなどの経営に携わった時に生かされた。毎週月曜日、全社員にメールでメッセージを送り続けたその継続が社員らの心を引きつけ組織の立て直しにつながった。

UCLA「インパクトのある100人」

現在は自らコンサルティング会社を経営。執筆、講演活動に明け暮れる毎日だ。

「経営には、和魂洋才が求められる。米国流のコンサルティング手法を学んでよかったと思うが、人を理解し、人を動かさないと、良い経営者にはなれない」

そんな岩田さんを、UCLAは「歴代全卒業生3万7000人から選ぶ、インパクトのある100人」の1人(日本人は4名のみ)に選出した。もちろん、日本での経営実績を認められてのことだ。

大学に望むこと学生に求めること

映画『スパイダーマン』の名言“大いなる力には大いなる責任が伴う”を引用しながら、岩田さんは語る。「地位やパワーを身につけることは責任が増えること。ところが日本のエリートは、勉強さえできればよいと人格教育を受けていないから、責任をとらない人間が生まれる。権力ばかりに目を向けて、その責任を考えさせない日本のエリート教育は化け物をつくっているんですよ。パワーを持つエリート達には、そのパワーを自分のためではなく、世の中のために使うという教育(ノブレスオブリージュ:noblesse oblige)が必要だと思う。ドラッカーは『地位は責任であって、権力ではない』と言っています。上に立つ者は、より多くの人の幸せを考えるべきではないでしょうか」。学生も、教える側もしっかりこの事を意識してほしい、と力を込めた。

最新情報

このページのトップへ