国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

竹内敬介さん(日揮株式会社 代表取締役会長)

目標を達成して味わえる喜び

神戸高校でいずれも運動部主将を務めていた親友4人組は、大阪大学を目指していた。中学からテニスに熱中していた竹内さんも無事合格。入学前の3月26日には軟式庭球部に入部し、入学式当日はコートに立っていた。高校時代に全日本ランク7位だった実力で、1年生からレギュラーに。朝から夜まで練習に明け暮れ、「勉強はしなかったなあ」。そして秋には、団体戦で創部初の1部昇格を果たし、個人でも好成績を収めた。

ところが、3年で主将に就いた時には、過去にない3部に。この試練が、後々に竹内さんの財産となっていく。「先輩に申し訳ないと思い、〝粛正〟をやりましたよ」と振り返る。「学生服を着用する。1年生は上級生から注意される前に部室の清掃をする」といった「部員注意事項」を徹底した。80人いた部員は半減したが、個々人の責任感は高まった。「勝つことだけが目的じゃないけれど、人より先んじる目標を設定して、それを達成して喜びを味わえるのが人間なんです」。この考えが、今の竹内さんの根底にある。

級友の友情に支えられ

試験中は、部室で寝泊まりしながら勉強する徹底ぶり。学部の級友たちも、よく支えてくれた。ある時、寝坊して試験に遅れた。答案を書き終えた学生は退室できるのだが、試験問題の漏洩防止のために1人でも部屋を出れば、遅刻者は試験を受けられない。「敬介がいないぞ」と気づいていた級友たちは阿吽の呼吸で退室を控え、終了20分前に教室に飛び込んだ竹内さんは、おかげで試験を受けることができた。基礎工学部の化学教室には、そのような温かな空気があった。

当時の大阪大学はボート部が優勝するなど、まさに文武両道を歩んでいた。「阪大は明るくて自由で、好き勝手なことができる雰囲気だった。いろんな地方から集まって来ているから、幅広い交流ができたことも大切だった」と振り返る。

机上でなく実物にぶつかれ

日揮に入社して、まず静岡の建設現場で「机上でなく実物にぶつかること」をたたき込まれた。続いて、横浜で石油プラントの設計をしていたら、「それを自分の目で見て来い」とシンガポールへ派遣された。当初2週間の予定だったのに、明けても暮れても仕事が次々に湧き出てくる。

「帰国時期が内定するたびに、会社が妻に『近いうちに帰国しますよ』と連絡してくれるのですが、それが何度も先延ばしにされて、妻はとうとう会社に『今度は、ちゃんと帰国してから連絡してください』と言い返したみたいです」

中国に駐在している時には、猛吹雪のなかでプラントの仕様を変更せざるを得なくなった。現場の職人がそれを受け入れてくれるはずがない。竹内さんは黙々と、その工事を率先して自分の手でやった。そして迎えた竣工式。地元の人たちが「式典のトップに並ぶのは、(本社の人でなく)竹内先生ですよ」と言ってくれ、万感の思いだった。中国を去る時、工事関係者だけでなく、駅舎に勤める人までが大合唱で送り出してくれ、涙涙の別れとなった。各地の工事現場で親方たちに鍛えられた竹内さんの姿勢、人柄が、どの国に行っても生きてきた。

信頼関係築いて新分野を開拓

エネルギー、石油化学など大型プラントの設計・建設工事が日揮の主力だが、世界経済の波をまともに受けてしまうリスクも内在していた。そこで約25年医薬品病院など生活に直接かかわる現在の多角的な企業体を目指すため、その新規開拓が竹内さんに任された。エネルギー、石油化学分野では世界にとどろく日揮だったが、新分野では新参。毎年1月の仕事始めから、大阪・道修町に日参する竹内さんの姿があった。医薬品会社を1社1社まわったのだった。そうして築いた信頼関係が、「未来のエンジニアリング企業体」を目指す今の日揮の姿につながっている。

外から日本見る目を養え

ns58_ob01_02.jpg確かに、今の若者は頭が良い。しかし、大切なものを忘れているのではないかと感じることもある。「学生時代には、勉強も大事ですが、規範、道徳観、社会人としてのマナー。これを身につけておくことが大切だと思います」

「グローバル人材」という言葉についても、「欧米化」と解釈されているようだが「もちろん語学は不可欠。だが、『日本人の心』をもった世界に通用する人材が求められているんですよ」と力を込める。同社が海外でプラント建設を行う場合、「技術だけでなく、誠実な日本の心も一緒に移植してください」と依頼される。「だから、どんなに海外に進出しても、日本人のサポートは必ず求められる。日本が空洞化することなんてありえません」

新入社員の多くが「親や先生にしかられたことがない」という現状に危機感を持ち、「若い人はどんどん外に出て、叩かれ、そして外から日本を見る目を養ってほしい」と願う。

今も国内外を駆け回り、関西に戻る機会は少ない。それでも今年の敬老の日には、神戸の実家に帰り、まもなく90歳になる母の手を引きながら散歩した。「一緒に暮らしている妹に感謝している?」と尋ねたら、母がにっこりうなずいた。「私も、もっと親孝行をしないとね」

最新情報

このページのトップへ