国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

科学・技術 
セミナー/シンポジウム情報

【中止/延期】接合科学カフェ〈特別編〉 「溶接技術者に聞く橋梁と建築鉄骨のひみつ」

2020年4月16日 (木) 19:00 から 21:00

 アートエリアB1では、4月16日よりプログラムの開催を予定しておりましたが、当館運営機関の一つである大阪大学による4月1日付の方針をもとに、改めて、現在の状況・情勢を踏まえて再検討した結果、4月中のプログラムについては、【中止/延期】とさせていただきます。

 ご来場を予定してくださっていた皆さまには大変申し訳ございませんが、何卒、ご理解・ご了承を賜りますようお願い申し上げます。 

 再開時期や方法等につきましては今後の状況を鑑みながら検討し、決定次第、お知らせいたします。

 

 ものとものをつなぐ溶接・接合技術は、電子デバイスから超高層ビルなどの巨大構造物、さらには宇宙関連機器に至るまで、あらゆるものをつくるために不可欠な技術です。建築鉄骨に溶接技術が使われてから約100年、日本の経済成長を支えてきたといっても過言ではないこの技術は、どのように進歩してきたのでしょうか。
 今回は、「接合カフェ〈特別編〉」として、アートエリアB1で上映中の1930~60年代の地下鉄や巨大ビルディングの工事記録映像を見ながら、溶接技術者の視点から橋梁や建築鉄骨の溶接構造・溶接施工についてご紹介いただくとともに、巨大地震における破壊事例と対策などを含めた大形鋼構造物(橋梁および建築鉄骨)の構造を紐解きます。

 

ゲスト

中西保正(大阪大学 接合科学研究所 招へい教授)

 

カフェマスター

木ノ下智恵子(大阪大学共創機構社学共創本部准教授)、塚原悠也(NPOダンスボックスディレクター、アートエリアB1運営委員)

 

主催

アートエリアB1(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪電気鉄道(株))

 

ラボカフェとは?

「ラボカフェ」は、京阪中之島線"なにわ橋駅"構内のコミュニティースペース「アート エリアB1」で、大阪大学が開催しているレクチャー&対話イベント。大阪大学の教員らがカフェマスターとなり、平日夜を中心に、哲学、アート、科学技術、 鉄道、マンガ、スポーツなど、多岐にわたるテーマで、ゲストや参加者のみなさんで語り合うカフェプログラムを提供しています。http://artarea-b1.jp/event/labcafe/

アートエリアB1とは? http://artarea-b1.jp/

京阪電車中之島線建設中の2006年から、企業・大学・NPO法人が協同して、都市空 間における駅の可能性を模索する「中之島コミュニケーションカフェ」を実施。これを継承して2008年10月19日の開業を機に、なにわ橋駅の地下1階コ ンコースに「アートエリアB1」を開設しています。ここでは様々なプログラムを実施し「文化・芸術・知の創造と交流の場」を目指しています。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※開場・受付は各回開始30分前より。

※内容は予告なく変更になる可能性があります。予めご了承ください。
※一部のプログラムの主催・共催・協力等の表記は、本プロジェクトチームと各方面の共同により実施しているものです。

日時: 2020年4月16日 (木) 19:00 から 21:00
主催: アートエリアB1(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪電気鉄道(株))
場所: アートエリアB1(京阪電車中之島線・なにわ橋駅地下1階コンコース)
参加登録: 不要
連絡先: 大阪大学21世紀懐徳堂
info@21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ