国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

文化・芸術  [国際会議]
セミナー/シンポジウム情報

Osaka Symposium on Corpus Stylistics

2019年3月28日 (木) 10:30 から 18:00

3月28日(木)大阪大学大学院言語文化研究科A棟(豊中キャンパス)606室にて,文体論研究をリードする国内外の研究者を招聘し,コーパス文体論に関するシンポジウムを行います。英国Huddersfiled大学のDan McIntyre先生をはじめ,池尾玲子先生(専修大学),椎名美智先生(法政大学),瀬良晴子先生(兵庫県立大学),堀正広先生(熊本学園大学)に登壇いただき,speech, thought & writing presentation, reader responses and emotions, terms of address, collocation, topic modelling and body language, theoretical and analytical issuesなど文体論研究の諸問題について独創的な知見と洞察に富む議論が展開されることが大いに期待されます。

Date:  10:30–18:00  Thursday 28 March 2019

Venue: Language and Culture A Building, Room 606
Graduate School of Language and Culture
Osaka University Toyonaka Campus

Programme

10:30 Opening
10:40–11:10 Tomoji Tabata (Osaka University): “Corpus approach to semantic style: Body language, n-grams, and topics”
11:10–12:10 Haruko Sera (University of Hyogo): “A corpus-based approach to reader responses: What emotions do readers feel?”
12:10–13:30 Lunch break
13:30–14:30 Reiko Ikeo (Senshu University): ”Speech, thought and writing presentation in present-tense fiction”
14:30–15:30 Masahiro Hori (Kumamoto Gakuen University): “Collocation and corpus stylistics”
15:30–16:00 Coffee break
16:00–17:00 Michi Shiina (Hosei University): “Strategies of distance in the choice of address terms: Corpus-based approach”
17:00–18:00 Dan McIntyre (University of Huddersfield, UK): “Connecting corpus linguistics and stylistics”

アブストラクトは次のURLより閲覧できます:
http://www.lang.osaka-u.ac.jp/~tabata/corpus_stylistics_2019.pdf

参加費は無料ですが,会場準備の都合上,事前申し込みをお願いしておりますので,下記URLリンクのウェブフォームより,参加のお申し込みをお願いいたします。
https://goo.gl/forms/wHX5ogDCkfxsEHYr1

シンポジウム終了後には阪急石橋駅近辺にDan McIntyre先生をはじめとする登壇者の方々を囲んで懇親会を行いますので,そちらの方にもぜひご参加ください。
皆様,年度末のお忙しい時期かとは存じますが,是非ともご参加のほどお願い申し上げます。

田畑 智司

日時: 2019年3月28日 (木) 10:30 から 18:00
主催: 言語文化研究科・言語文化専攻
後援: 科学研究費補助金基盤研究(B)
場所: 言語文化研究科・言語文化専攻 言語文化A棟606室Digital Humanities Lab.
参加登録: 必要(Web)
連絡先: tabata@lang.osaka-u.ac.jp
tabata@lang.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ