国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

その他 
セミナー/シンポジウム情報

知的財産入門セミナー「ソフトウェア特許のイロハ」

2019年3月17日 (日) 13:00 から 16:00

「特許とは何か」、「特許と著作権との違いとは」、「 ソフトウェア(プログラム)を権利化するにはどのようにすれば良いか」、「 どんなソフトウェアが特許になっているのか」、といったことを、初歩から解説します。知的財産に関する予備知識は不要です。

・プログラム開発者にはどんな権利があるの?

・プログラムを盗用から保護するには特許?著作権?

・特許になったソフトウェアにはどんなものがあるの?

…など、ソフトウェア(プログラム)に関する知的財産に関心はあるけれど、どうやって調べればよいか良くわからない・・・といったことはありませんか?

本講座では、

「特許とは何か」、「特許と著作権との違いとは」、「 ソフトウェア(プログラム)を権利化するにはどのようにすれば良いか」、「 どんなソフトウェアが特許になっているのか」、

といったことを、初歩から解説します。興味をお持ちの方は、是非ご参加ください!

 

参加を希望する方は下記の実施要項をご確認の上、問い合わせ先メールアドレス宛に、①氏名、②所属(学部・学科、学年等)を明記してご連絡ください。詳細についてご案内させていただきます。

【実施要項】

実施日時:2019年3月17日(日)13:00開講

実施場所:大阪大学中之島センター

受講資格:文系理系及び学年を問いません。知的財産に興味のある方を募集します。※知的財産に関する予備知識は不要です。

(例えば、「知的財産制度を気軽に学んでみたい方」、「ご自身の研究成果の知財化を考えている方」、「発明成果を利用したベンチャー企業の立ち上げを検討している方」、「企業の知財担当者、弁理士、特許庁審査官などの知財に携わる進路を検討している方」などを歓迎します)

受講料:無料

講師(兼ファシリテーター):

大阪大学知的基盤総合センター 特任准教授、智適塾シニアプランナー、弁理士:桝田 剛

大阪大学知的基盤総合センター 特任研究員、智適塾インターン、弁理士:向井 秀一

日時: 2019年3月17日 (日) 13:00 から 16:00
主催: 大阪大学 知的基盤総合センター 智適塾
場所: 教室は参加者希望者に追って連絡します
参加登録: 必要(メール)
連絡先: 知的基盤総合センター(智適塾) 向井秀一
iprism.chizai@gmail.com

このページのトップへ