国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

教育・学校 
セミナー/シンポジウム情報

【大阪大学 大学院生向け】トランスファラブル・スキルズ・ワークショップ『「他者と差がつく!」大学教員公募書類における教育業績の書き方 』

2019年3月1日 (金) 16:00 から 18:00

講師

佐藤浩章(全学教育推進機構 教育学習支援部 准教授)

目的

大学教員の公募書類において、教育業績を適切に評価してもらうために、書き方のノウハウを身につける。

到達目標

1.公募書類に求められる教育業績において求められる記述内容を説明できる。
2.自らの教育哲学を言語化できる。
3.教育哲学に対応する教育方法を選択できる。
4.教育の成果を記述する方法を説明できる。

概要

大学教員の公募書類においては、教育業績を書く必要があります。そこにはどのような内容を書けばよいのか、どのように書けば高い能力を示せるのか、入れ込むべきトレンド・キーワードは何かについて学びます。参考程度に、模擬授業の準備方法についても簡単に学びます。

RDF領域

B3 能力開発・キャリア開発、B2 自己管理

キーワード:

公募書類(application document)、教育業績(teaching performance)

受講対象者

研究者(ポスドク・若手教員など)、大学院生

定員

30名(先着順)

主催

全学教育推進機構(教育学習支援部)、キャリアセンター

申込

日時: 2019年3月1日 (金) 16:00 から 18:00
主催: 大阪大学 全学教育推進機構 教育学習支援部、キャリアセンター
場所: 全学教育推進機構HALC1(A212)
参加登録: 必要(Web)
URL: www.tlsc.osaka-u.ac.jp/events/190301_2
連絡先: 大阪大学 全学教育推進機構 教育学習支援部
tlsc@celas.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ