国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

その他 
セミナー/シンポジウム情報

ゆりかごから「古墳」まで~古墳時代人のくらし~(大阪大学21世紀懐徳堂i-spot講座)

2019年2月13日 (水) 18:30 から 20:00

大阪市と大阪大学が共同で市民のみなさまに提供する公開講座です。それぞれの専門分野から、ともに「学び合う」を意識したテーマ設定と講座スタイルが特徴です。受講料は無料です。お気軽にご参加ください!

 

【講座名ゆりかごから「古墳」まで~古墳時代人のくらし~


【講師】上田直弥(大阪大学大学院文学研究科 助教)

 

【内容】

古墳時代といえばお墓である「古墳」がクローズアップされがちです。では当時の人々の、普段の生活は、

いったいどのようなものだったのでしょうか?古墳時代人の暮らしについて、発掘調査資料からはどのよ

うなことがわかるのでしょうか?この講座では、発掘調査で出土したさまざまな資料から、古墳時代の

「衣」「食」「住」を中心に、その一端をご紹介したいと思います。

 

 

受講料:無料(要事前申込)

定員:30名(申込先着順)

申込受付開始日:2019年1月13日(日)

申込方法:①講座名 ②受講者ご本人のお名前 ③年齢 ④電話番号を、

電話、メール、FAXのいずれかの方法にてお知らせください。

 

申込先・問合せ:大阪市まちづくり情報発信施設「アイ・スポット」

E-mai:i-spot@voice.ocn.ne.jp

TEL&FAX:06-4866-6803(電話受付は月~金11:00~21:00、土日・祝13:00~17:00)

日時: 2019年2月13日 (水) 18:30 から 20:00
主催: 大阪大学21世紀懐徳堂、大阪市都市計画局
場所: 大阪市まちづくり情報発信施設「アイ・スポット」(淀屋橋odona 2階)
参加登録: 必要(メール)
URL: http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/i-spot
連絡先: 大阪大学21世紀懐徳堂
info@21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ