国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

文化・芸術 
セミナー/シンポジウム情報

阪大外国語学部×みのお市民活動センター「マンスリー多文化サロン」

2019年1月17日 (木) 19:00 から 20:30

2018年10月から毎月第3木曜日19:00~20:30に多文化サロン(定員20名)を開催している。言語文化研究科/外国語学部の教員が、諸外国・諸地域の文化や生活などを紹介。講師・市民の相互交流の意味もこめて名称をサロンとする。申込受付は各開催月の1日(土日祝を除く)から実施日の2日前まで。1月の内容は「ブラジルの社会と文化はどのように形成されてきたのか」。講師は、アキチ・デゼン・ロジェリオ、東明彦。

2019年1月17日(木) 19時~20時30分

「ブラジルの社会と文化はどのように形成されてきたのか」

アキチ デゼン ロジェリオ (大阪大学言語文化研究科特任准教授)

東明彦 (大阪大学言語文化研究科教授)

本講演では、ポルトガルによる植民から今日までの歴史を振り返り、ブラジル人を形成してきた三つの主要なエスニック集団(白人、黒人、先住民)間の関係や大陸規模の国土を有するブラジルの地勢、現代のブラジルに見られる地方的な、また社会文化的な差違を概観します。さらに、日常生活の多くの面で見られる混血の問題に焦点を当て、「混血の文化と社会」が何を意味するのか、それを明らかにするのがいかに難しいかについて考えます。

日時: 2019年1月17日 (木) 19:00 から 20:30
主催: 阪大外国語学部 / みのお市民活動センター
場所: みのお市民活動センター
参加登録: 必要(電話)
連絡先: 大阪大学外国語学部
genbun-minoh-kenkyo@office.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ