国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

医療・健康  [単位認定]
セミナー/シンポジウム情報

第23回最先端医療イノベーションセンター定例セミナー

2019年1月15日 (火) 18:00 から 19:00

脳神経機能再生学では、反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)を簡便化し、最終的には在宅で使用していただくことを目指している。

rTMS自体は昨年9月、本邦でも、うつ病に対して米国製の機器が承認され、新しい非薬物療法として注目されている。今後、機器をエコで小型化し、取り扱いを簡便にすることで、小規模クリニックでも使用できるようになる。また在宅治療も可能にすることで、難治性疼痛、リハビリ、パーキンソン病、認知症などへの応用が広がると考えられる。

今回は、難治性疼痛とアルツハイマー型認知症への教室の取り組みを紹介したい。

23回目は、齋藤 洋一 先生のお世話で、下記のとおり開催いたします

皆様是非ご参加ください。

 

日時 

 2019年1月15日(火)18:00~19:00

場所  

最先端医療イノベーションセンター棟1F マルチメディアホール

 

 

演題:帝人ファーマ(株)の紹介

講師:中村 仁志 帝人ファーマ(株)在宅医療開発推進部・大阪大学大学院医学系研究科 招へい教員


演題:難治性疼痛治療に対する反復経頭蓋磁気刺激療法

講師:細見 晃一 脳神経機能再生学共同研究講座 特任講師

 

演題:アルツハイマー型認知症に対する反復経頭蓋磁気刺激療法の試み

講師:眞野 智生 脳神経機能再生学共同研究講座 特任講師


座長  :齋藤 洋一 脳神経機能再生学共同研究講座 特任教授


※本セミナーの事前申し込みは不要です。

日時: 2019年1月15日 (火) 18:00 から 19:00
場所: 最先端医療イノベーションセンター棟1階マルチメディアホール
参加登録: 不要
URL: http://www.comit.med.osaka-u.ac.jp/jp/event/eventData/event_20190115.html
連絡先: 医学系研究科附属 最先端医療イノベーションセンター事務室 
i-sentaninobe@office.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ