国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

文化・芸術 
セミナー/シンポジウム情報

阪大外国語学部×みのお市民活動センター「マンスリー多文化サロン」

2018年11月15日 (木) 19:00 から 20:30

2018年10月から毎月第3木曜日19:00~20:30に多文化サロン(定員20名)を開催している。言語文化研究科/外国語学部の教員が、諸外国・諸地域の文化や生活などを紹介。講師・市民の相互交流の意味もこめて名称をサロンとする。申込受付は各開催月の1日(土日祝を除く)から実施日の2日前まで。11月の内容は「南スーダンの人々の暮らし」。講師は仲尾周一郎。

「南スーダンってどんなところ?―日常生活をのぞいてみよう―」

2018年11月15日(木) 19時~20時30分 

講師:仲尾周一郎 (大阪大学言語文化研究科助教)


2011 年に独立した世界で最も新しい国、南スーダン。日本では自衛隊の派遣について多くの報道がありました。日本では、今も紛争が続くアフリカの奥地の最貧国の一つ、というイメージがあまりに強いのではないでしょうか。 本講演では、言語学者として南スーダンの人々と関わってきた経験をもとに、彼らがどのような価値観をもち、どんな音楽を聴いて、何をして遊んで、何を食べているのかをご紹介します。普段耳にすることの少ない、意外と(?)グローバルでコスモポリタンなアフリカの実際にほんの少し近づいてみましょう。

日時: 2018年11月15日 (木) 19:00 から 20:30
主催: 阪大外国語学部 / みのお市民活動センター
場所: みのお市民活動センター
参加登録: 必要(電話)
連絡先: 大阪大学外国語学部
genbun-minoh-kenkyo@office.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ