国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

文化・芸術 
セミナー/シンポジウム情報

足立邦夫先生講演会 ドイツと「整然の文化」

2018年10月10日 (水) 14:40 から 16:10

本学卒業生で、産経新聞社論説委員を務められた足立邦夫先生が、ドイツ文化について語ります。ドイツに関心のある方の来聴を歓迎いたします。

足立邦夫先生 略歴

ノンフイクション作家。大阪大学法学部卒業後、産経新聞社に入社。
旧西ドイツのケルン大学などに留学。
ボン(旧西ドイツの首都)支局長、外信部次長、論説委員などを歴任。
倉敷芸術科学大学教授(国際関係論担当)、同大学図書館長を経て定年退職。

著書

『ドイツ 傷ついた風景』(講談社刊、1993年度新潮学芸賞受賞)
『臣下の大戦』(新潮社刊)
『レマルク 最も読まれ、最も攻撃された作家』(中央公論新社刊)等。


レマルク伝記出版後、レマルク生誕の地オスナブリュック(ドイツ)の市役所大広間で

Das moderne Japan und ≫Im Westen nichts Neues≪(「近代日本と『西部戦線異状
なし』」)の講演等。

日時: 2018年10月10日 (水) 14:40 から 16:10
主催: 大阪大学外国語学部ドイツ語教室
場所: 全学教育推進機構 ステューデントコモンズ2F セミナー室B
参加登録: 不要
連絡先: 進藤 修一
vortraege-shindo@hotmail.co.jp

このページのトップへ