国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

科学・技術  [国際会議]
セミナー/シンポジウム情報

SRA Asia Conference 2018 (リスク分析学会アジア大会2018) 開催案内

2018年3月13日 (火) から 2018年3月14日 (水)

国際学会の開催案内:リスク分析学会アジア大会2018(SRA Asia Conference 2018)

SRA (The Society for Risk Analysis)のアジア大会が来年3月に日本で開催されます。SRAは安全とリスクに関する全世界の研究者・実務者によって構成されている有力な国際学会の一つです。

現在、発表募集中です。国際学会での発表をご検討ください。

ぜひご参加いただきたくご案内申し上げます。

(詳しい情報と申し込み: http://www.sra-japan.jp/SRAAsia2018/)

 

開催場所:関西大学高槻ミューズキャンパス (大阪府高槻市白梅町7-1)

アクセス:JR京都線高槻駅前:京都駅から12分、大阪駅から15分

開催期間:2018年3月13日(火)、14日(水)

発表募集:口頭発表・ポスター発表(使用言語:英語)

発表申込期限:2017年10月30日

発表要約提出期限:2017年11月30日

Topics
a) Environmental risk assessment and management
b) Chemical risk assessment and management
c) Radiation risk assessment and management
d) Industrial and process safety management
e) Natural disaster risk
f) Food safety
g) Risk perception and risk communication
h) Economic and insurance perspectives
i) Emerging technology
j) Home and society risk
k) Risk governance
l) Crisis management
m) Homeland security

 

基調講演

Aven, Terie氏 (University of Stavanger, Norway)

SRAの次期会長であるAven, Terie氏は、ヨーロッパにおいてリスク研究・安全研究が特に盛んな北欧において、リスクガバナンスの研究をされています。

 

特別シンポジウム・セミナー[主催:関西大学](同時通訳がつきます)

"Homeland Security and Risk Analysis: Under the military tension in Korean Peninsula"

Panelists:  Arvai, Joe (USA: Councilor, SRA)

Aven, Terie (Norway: President-elect, SRA)

MacDonell, Margaret (USA: President, SRA)

Shin, Dong-Chun (Korea)

Tsuchida, Shoji (Japan: Councilor, SRA)

Wu, Kuen-Yuh (Taiwan)

Zhai, Guofang (China)

 

大会開催趣旨

リスク分析学におけるアジアでの学術交流は、1998年に北京での大会から始まりました。今回、その6回目の大会となる「リスク分析学会アジア大会2018」が日本で開催されます。リスク分析学は多種多様なリスクを対象としています。リスク研究は国によっても特色があります。どの国でもすべての研究が進んでいますが、リスク分析学としては、中国では自然災害についての研究が盛んです。韓国では毒性学の研究が中心です。台湾では公衆衛生についての研究がよくなされています。日本では化学物質などのリスク評価に加えて、市民とのリスクコミュニケーションについての研究が盛んです。本大会は、アジアにおいてリスク研究の多様性をどのように今後の研究の発展につなげるかを主テーマとしています。

以上

日時: 2018年3月13日 (火) から 2018年3月14日 (水)
主催: Society for Risk Analysis, Asia region
場所: 関西大学高槻ミューズキャンパス
参加登録: 必要(Web)
URL: http://www.sra-japan.jp/SRAAsia2018/
連絡先: sraasia2018@sra-japan.jp
sraasia2018@sra-japan.jp

このページのトップへ