国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

医療・健康 
セミナー/シンポジウム情報

第16回最先端医療イノベーションセンター定例セミナー

2017年12月6日 (水) 18:00 から 19:00

最先端医療イノベーションセンター定例セミナーは、センター参画各プロジェクトの

研究開発内容の発信を目的として、約2ヵ月に1回のペースで開催しています。

 

座長 : 金田 安史 教授 (医学系研究科長 遺伝子治療学)

演者 : 玉井 克人 寄附講座教授 (再生誘導医学寄附講座)

演題 : 抹消循環性間葉系細胞の臨床的意義

要旨 : 抹消循環血液中に線維芽細胞様増殖を示す間葉系細胞が存在することは古くから知られて

いるが、その希少性ゆえに生体内における存在意義は永く不明なままであった。本セミナー

では、抹消循環性間葉系細胞の骨髄内起源、遺伝子発現パターン解析から見た特徴、損傷

組織に対する応答メカニズム、およびその誘導医薬開発について最近の知見を述べる。

 

 

座長 : 玉井 克人 寄附講座教授

演者 : 菊池 康  寄附講座助教 (再生誘導医学寄附講座)

演題 : 表皮水疱症に対する他家骨髄間葉系間質細胞製剤の開発

要旨 : 表皮水疱症は、皮膚基底膜接着構造蛋白の遺伝的機能破綻により、日常生活の軽微な外力で

水疱・潰瘍を形成し、全身熱傷様皮膚潰瘍を生じる遺伝性水疱性皮膚難病である。

我々は、極めて難治な表皮水疱症患者皮膚潰瘍を対象として、健常家族由来骨髄間葉系間質

細胞移植臨床研究を経て、現在他家骨髄間葉系間質細胞製剤の医師主導治験を進めている。

日時: 2017年12月6日 (水) 18:00 から 19:00
場所: 最先端医療イノベーションセンター棟1階マルチメディアホール
参加登録: 不要
連絡先: 医学系研究科附属最先端医療イノベーションセンター事務室
i-sentaninobe@office.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ