国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

文化・芸術 
セミナー/シンポジウム情報

出土した焼き物から探る、待兼山二千年の文化

2017年10月14日 (土) 13:30 から 15:00

大阪大学豊中キャンパスがある待兼山一帯は、待兼山遺跡という遺跡です。発掘調査をすると、江戸時代の急須や土人形、戦国時代の食器、奈良時代の調理具、古墳に供えた焼き物、弥生時代の土器片など、様々な焼き物が出土し、はるか2000年の文化がカケラとして埋まっていることに気づきます。この講義では、土器のカケラを実際に手に取っていただきながら、その土器について紹介するとともに、土器や遺跡に関する疑問にお答えしたいと思います。

●大阪大学21世紀懐徳堂がおくる、待兼山魅力アップ企画

「出土した焼き物から探る、待兼山二千年の文化」

日時/2017年10月14日(土)13:30〜15:00

会場/大阪大学21世紀懐徳堂スタジオ(豊中キャンパス 大阪大学会館1F)

(解散場所は、阪大坂の下の駐輪場付近)

講師/中久保  辰夫(大阪大学埋蔵文化財調査室・助教)

対象/高校生以上

参加費/無料

申込期間/9月30日(土)11:00〜

申込先/21世紀懐徳堂HPのWEBフォームより (定員に達し次第、締め切ります)

 

※平成29年度豊中市魅力アップ助成金交付事業

日時: 2017年10月14日 (土) 13:30 から 15:00
主催: 大阪大学21世紀懐徳堂
場所: 大阪大学21世紀懐徳堂スタジオ(豊中キャンパス 大阪大学会館1F)
参加登録: 必要(Web)
URL: http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/
連絡先: 大阪大学21世紀懐徳堂
info@21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ